脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

脱毛サロンと医療脱毛の違い

2014年12月15日

■原理は基本としては同じ


脱毛と一言でいっても
脱毛サロンで受ける美容脱毛と
クリニックで受ける医療脱毛
があります。


この二つ、原理としては同じものなんです。


脱毛したい毛の発毛組織の部分に
光の力によって熱ダメージを与え、
毛が再生されないようにするというものです。


この毛の発毛組織は一度ダメージが与えらえると
再び機能を回復することがないために、
発毛することが出来ない、つまり毛が生えなくなります


これによってダメージを与えられた発毛組織からは
毛が生えてこなくなるために脱毛できる。
というのが原理になっているんです。


以前はこの熱ダメージを与える方法として
電気針を用いていましたが、
最近では黒い色にのみ熱が加わる光を使っています。


脱毛サロンの美容脱毛では、
このダメージを与える光はフラッシュライトを使います。
カメラのフラッシュライトと同じようなものです。


医療脱毛ではレーザー光を使用しています。


そのため、脱毛サロンの場合いはフラッシュ脱毛、
医療脱毛の場合にはレーザー脱毛と呼ぶことも
あるんですよ。


この原理自体は同じでなんですが、
脱毛サロンの美容脱毛と、
クリニックの医療脱毛には違いがある
んです。


ではその違いというのはどのような点なのか
具体的に説明してみたいと思います。




■違いは出力にあり


フラッシュライトを使う美容脱毛
レーザー光を使う医療脱毛


このフラッシュライトとレーザー光は
発光する光の出力が大きく異なるという点で
大きな違いがあります


実はある一定以上の出力で発光するレーザー脱毛は
医療器具になっていますので、
医師がいなければ使用することが出来ない器具なんです。


医療器具はそれだけ効果も強いのですが、
一方で使用方法を間違えると
お肌に大きな影響を与えてしまう
ということになります。


美容脱毛のフラッシュライト
レーザー光ほどの出力がなくお肌には
影響が少ないために医師がいなくても使用できます


ただし、出力自体が医療脱毛のレーザー脱毛機よりも
低いために>効果も医療脱毛に比べると弱いんです。


効果が弱ければもしかしたら脱毛効果もないの?
と思うかもしれません。


美容脱毛も回数を重ねると
医療脱毛と同じような効果を出すことが可能なんです。


このような違いがあるために、
医療脱毛は一回の効果が高く少ない回数でも効果がある
美容脱毛は回数を重ねることで効果がある


このように言われているんです。


また、出力が弱い分お肌への影響は少なくて済むため、
美容脱毛はお肌には影響が少なく
お肌にやさしい脱毛方法
である。


とも言われていますよ。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。