脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

エステやクリニックで脱毛してもシミにならない?

2013年3月13日 Posted in 医療レーザー脱毛

■エステやクリニックで脱毛してもシミにならない?


最近エステやクリニックで気軽に光脱毛やレーザー脱毛の施術
ができるようになってきましたが、気になるのは光を当てたり、
レーザーを当てたりしたら「シミ」ができないのか。ということです。


シミができる原因で最も多いのは紫外線によるものといわれています。


紫外線を浴びてメラニン色素が作られ、本来であれば新陳代謝と
ともに剥がれ落ちるものが、新陳代謝が弱まり色素沈着となって
シミとなってしまうものです。


エステやクリニックで使われている光脱毛やレーザー脱毛の「光」
は紫外線ではないので、メラニン色素が作られることが基本的には
ありません。


しかし、脱毛によってシミが出てくることもあります


実は、光脱毛やレーザー脱毛では脱毛効果のほかにも、肌の活性化
を促すという効果を得られることが有名です。


肌が活性化するというのは、新しい肌が作られる「ターンオーバー」
という現象を活性化させるということになります。


実は、このターンオーバーによって、今まで表面上には見えなかった
奥のほうに合ったシミが浮き出てくることがある
といわれています。


このようなシミは、肌の新陳代謝も活発になっているため、
半年ほどで薄くなり消えてしまうことが多い
といわれています。




■脱毛する前に知っておくべきこと


脱毛によってシミができてしまうことがある。というのは少し
ショッキングなことのように思います。


しかし、この脱毛によってできてしまったシミというのは、今までは
表面上に出ていなかっただけのもの
で、将来的には表面に現れ
ていただろうシミだとも言えます。


肌のターンオーバーが活発になったことで、どうしても奥に隠れて
いたトラブルが表面化してしまうことがあります。


また、光脱毛やレーザー脱毛をすると、皮膚は少なからずダメージ
を受けえているため、脱毛処理後に紫外線に当たると、普段の
時よりもシミなどができやすくなるといわれてもいます。


このようなことは脱毛をする前のカウンセリングでしっかりと
エステサロンやクリニックのスタッフが説明を行います。


また、シミの原因は紫外線によるもの以外にもあります
皮膚の老化やストレス、また肝機能の低下による「肝斑(かんぱん)」
タバコによるものや、やけど、かぶれ、妊娠によるものなどもあります。


脱毛をする前に、このような原因によってシミが起こることがある
ということもしっかりと認識をしておくことも必要です。


もちろん、もしシミができてしまった場合、サロンやクリニックに
相談をしてケアをしてもらえるかどうか、脱毛を行う前に確認
しておくことも大切
です。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。