脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

多毛症とは?

2012年5月10日 Posted in 豆知識

■多毛症とは?


みなさんは「多毛症」という病気をご存じでしょうか?

あまりなじみのない、聞きなれない病気ですが、多毛症という言葉のイメージから
毛深い、という印象をうけるのではないでしょうか。

でも実際は「毛深い」と「多毛症」は全くことなるものなのです。
人より毛深いからと言って多毛症ということではないということです。

それでは多毛症とはどんな病気なのでしょうか。

ごく、簡単に言うと、多毛症とは、うぶ毛が太くなり、通常に見られる毛、
(例えば髪の毛のような太さの毛)に変化
したものであり、
決して、毛の数が増えるものではありません。

多毛症になる原因も様々あるようで、
体質的な場合であったり、副腎、卵巣、下垂体などの異常によるものや、
薬による副作用が原因になる場合もあるようです。

もしかしたら、自分は多毛症ではないか?!
そういった場合はホルモンの検査で多毛症の原因を調べることも可能です。

治療も、一般的には皮膚の除毛、飲み薬などがあります。
副腎、卵巣、下垂体の異常である場合には、臓器を治療する必要があります。

多毛症の原因がどのような場合でも、気長にきちんと通院し、
治療すれば、症状の軽減をすることが可能である、というのが、専門家の見解です。

もしも、少しでも、自分は多毛症かな?と思ったら早めに受診をし、
正確に、診断、治療をしてもらうことをおすすめします。




■多毛症の症状

「多毛症」と「毛深い」とは全く異なるということが分かりました。

では、実際に、多毛症の症状とは一体、どのようなものがあるのでしょうか。

症状はいくつかあるようですが、やはり代表的な症状としては
一般的に、体毛がとても濃く、特に顔や胴体や手足の体毛が多い状態を言います。

毛深いことを気にしている女性にとっては、自分が、「毛深い」のか「多毛症」なのか
判断がしにくいかもしれません。

分かりやすい症状として、女性が毛深くならない場所、例えば男性に見られるように
男性ホルモンによる顔や胴体や手足、陰部の上方などに
毛が濃くはえてきた場合
を多毛症といいます。

しかし女性なら誰でも気にする体毛。
夏になり、露出の多い服装になると、特に気になります。
永久脱毛をしたり、自宅で脱毛器等を使い処理する方もかなり多いとは思いますが、
どうしても気になるようであれば、まずは専門の機関での検査をおすすめします。

他にもいくつか多毛症の症状があります。

生理の不順、例えば生理と生理の間隔が長くなることも多いようです。
頭髪が脱毛する場合もあります。
更にはニキビができやすい傾向にあるようです。

そして多毛症は特に女性や子供に多いと言われ、婦人科の病気のひとつです。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。