脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

薬を飲んでいると脱毛はできない?

2013年4月15日 Posted in 豆知識

■薬を飲んでいると脱毛はできない?


最近では気軽に脱毛が出来るようになってきましたが、
場合によっては脱毛が出来ないという人もいます。


実は薬を飲んでいる人には、脱毛が出来ないことがあります

特に既往症があり薬を常用している場合などは、脱毛の契約を
断られることもあると言われていますし、風邪薬などを飲んでいる
ときも、飲んだ日は施術を断れれることもあるそうです。


実は、薬の副作用によって、肌の状態が過敏になていたり、
毛が再生するサイクルの毛周期がくるってしまっている
ことがある
ためと言われています。

サロンによっては薬の種類によっては施術ができないとしている
場合と、種類に関わらず薬を服用している場合は施術ができない
としている場合と別れるようです。


薬の種類によって、といわれる場合で、ほぼどこのサロンでも施術を
断られるのは

・抗生剤を含む風邪薬
・抗ヒスタミン配合の皮膚薬
・抗不安薬、三環系抗鬱剤

などになります。
これらの薬には光に対する感受性を高める作用があり、体に対して
悪影響がある
と言われているためです。


持病などがあり投薬を受けている人は、必ず医師に相談をして
許可を得てから脱毛サロンに行かないと、施術してもらえない
ことがありますので注意しましょう。




■脱毛の前に伝えておくべきこと


脱毛サロンなどで脱毛を行う前には必ずカウンセリングが
行われますが、このカウンセリングの時に必ず伝えておくべき
こととはどのようなことなのでしょうか。

先ほども紹介をしましたが、持病などがあり薬を服用している
場合は、必ず医師の許可を得て許可があることを伝える
必要
があります。


アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の人、また皮膚が弱く
過敏の人
も前もって伝えておく必要があります。

特にカミソリなどを使用して剃毛をすると肌荒れを起こしやすい
人は、前もって相談をしておくことをお勧めします。


多くの脱毛サロンでは、施術前日などに剃毛をしてくることを
指示されますが、これによって肌荒れや炎症が起こってしまうと
施術ができない場合も出てきます。

サロンによっては施術前にシェービングを行ってくれる
場合もあるので相談をしておくといいと思います。


服薬や体調だけではなく、自分の希望をしっかりと伝えることも
とても大切
になってきます。

予算やどこを脱毛をしたいのかをしっかりと伝えることで、余計
な勧誘でいやな思いをしたりしないで済みます。


伝えることとはやや違いますが、脱毛に関することで
分からないことも自分が納得をするまで聞くことも
とても大切です。





【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。