脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

エピラット(除毛クリーム)の評判と感想

2013年2月17日 Posted in 豆知識

■エピラット(除毛クリーム)


ドラッグストアの除毛クリームや脱毛ワックスのコーナーに行ったことが
ある人なら、誰もがバレリーナの絵が書いてある商品を見たことが
あるのではないでしょうか?

バレリーナの絵やシルエットがついている脱毛用の商品が、エピラットです。
エピラットは1983年の発売以来、ずっと女性に人気のあるムダ毛処理の
商品です。


商品名の「エピラット」は、フランス語のepilatoire(エピラトワール)
という言葉からつけられたもので、「脱毛」という意味があります。

家庭でできる脱毛ということで、自宅でリラックスをしながら、きれいな
肌になる脱毛処理製品を常に工夫し続けることをコンセプトとしています。


商品はバリエーションが豊かで、除毛シリーズ、脱毛シリーズの他に
除毛シリーズもあります。

除毛シリーズはムダ毛のあるところに塗って、5~10分置いた後に
シャワーなどで洗い流すタイプ
のものです。


オーソドックスな除毛クリームの他、毛穴が目立たないツルツル肌タイプや
トリートメント効果のあるしっとりなめらかタイプがあり、クリームではなく
泡を塗る除毛フォームもあります。


脱毛シリーズは貼ってはがすだけの脱毛テープです
ミニサイズや天然ハチミツ配合のなめらかエステ仕上げのものもあります。


脱色シリーズは、剃りたくないムダ毛を脱色して目立たなくさせるものです。
除毛クリームと脱色クリームは敏感肌用の製品も新しく発売されています。



→ 「コスパ良すぎ」の脱毛サロンランキング


■エピラットの評判と口コミの感想


評判や口コミの感想は、商品によってかなり差があるようです。
脱毛テープは人それぞれで、まあまあ抜けたというともいれば、全く抜けない
という人もいます。

シートがべたべたしていないので、扱いやすいという意見もありますが、
その分、粘着力が弱いのか、脱毛効果も弱い
ようです。
脱毛ハニーゼリーは、VIOに使って効果があったという意見が多いようです。


除毛クリームの敏感肌用は、多少肌荒れしたという人もいますが、
肌が弱い人でも、おおむね炎症を起こしたりすることはないようです。

しかし、その分除毛効果も弱いようで、脇などはほとんど除毛できないという
意見もありました。


エステサロンで脱毛が完了していても、時々ムダ毛が生えてくるという
人の場合、除毛クリームを使うとかなり効果がある
ようです。

除毛クリームの場合、ムダ毛を科学物質で溶かすので、臭いが気になるところ
ですが、カラーリング剤程度の臭いなので、耐えられないほど臭いという
意見はありませんでした。


また、処理後何日も経たないうちに、すぐにまたムダ毛が生えてきたという
意見も多くありました

しかし、除毛クリームや脱毛テープは、毛根の組織にまでダメージを
与えるようなものではありません。


脱毛テープの場合は、はがす時に毛根の部分も抜きとることもありますが、
組織全部を取るわけではありません。

毛の表面だけを取るカミソリよりは、多少生えてくるのが遅くなるという
程度でしょう。



【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。