脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

絶縁針脱毛・ニードル脱毛とは?

2012年5月28日 Posted in 脱毛の種類

■絶縁針を使った脱毛とは?

永久脱毛をする際に、現在ではレーザー脱毛を利用することが多いですが
以前までは、針を使った方法が主流でした。

この針脱毛で使う針は、変わったつくりになっており
皮膚にあたる部分には電気を流さないようにしています。
これを絶縁針脱毛と呼びます。

この針脱毛はどのようにして脱毛するのか、気になりますよね。
説明すると、この針を毛穴に刺して電流を流し、その電気を利用して
毛根を刺激することにより脱毛するもの
です。

このとき、皮膚には電気が流れないので、
直接肌を傷つけるという心配が少なくなります。


この絶縁針脱毛が開発される前は、針に電流を流すのは同じですが
皮膚にも電気が流れていたので、痛みも強く時間もかかっていました。

この絶縁針脱毛は、現在多くの人が使っているレーザー脱毛よりは
痛みが強いのが欠点です。
一本ずつ地道に処理していくことになるので、時間もかかります。

デメリットばかりではなく、もちろんメリットもあります。
レーザー脱毛とは違い、メラニン色素の薄い毛にも対応できるので
脱毛場所により効果が変わるということはほとんどありません

【永久脱毛】という面ではレーザー脱毛よりも優れています。
毛周期のことを考えると、全く生えないようにするには
何度か繰り返す必要がある
ので、注意してくださいね。


■ニードル脱毛とは?

複数ある脱毛方法の中に、ニードル脱毛というものがあります。
このニードル脱毛とは、針を使った方法です。

その仕組みについてですが、毛穴に直接針を刺して、
針に電気を流すことで毛根にダメージを与え、脱毛します

このとき、毛を伸ばした状態でするので、少し変わっていますよね。
毛穴に刺すので、毛が見えないと刺せないのです。

針を使うだけあって、痛みは強いです。
その分、効果は大きいので、永久脱毛には優れています。

痛みに関しては個人差があり、慣れてしまう人もいれば
痛みに弱い人は途中でやめてしまう人もいます。

生理中はホルモンバランスの影響で通常時よりも
痛みに対して敏感になるので、避けた方が良い
ですね。
無理をせず、体調を整えて脱毛しましょう。

場合によっては皮膚トラブルや色素沈着などを起こす可能性があるのも
知っておくと良いですね。


今では知名度が高くなってきているレーザー脱毛ですが
この方法だと、脱毛できる場所には限りがありますよね。

ニードル脱毛は脱毛できない場所はないので、
それがメリットでもあります。

時間はかかりますが、確実に1本ずつ脱毛できるのは
女性にとっても嬉しい点ではないでしょうか。

また、ニードル脱毛はスタッフの技術に左右されます。
口コミや評判など、事前にチェックしてから脱毛すると良いですよ。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。