脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

ビキニワックスとは?

2012年5月27日 Posted in 脱毛の種類

■ビキニワックスとは?

体を脱毛するにあたり、その箇所によって適した方法が
それぞれあるものですよね。

ビキニラインって、脱毛しにくい部分でもありますよね。
そこでオススメなのが、ビキニワックスです。

日本では、アンダーヘアを処理する人ってまだまだ少ないですが
海外では多くの人が使っているんです。

女性がTバックのような、極めて布の面積の小さい下着をはくときは
普通の下着よりは肌の露出が多いですよね。

そこでVライン付近の毛を脱毛するために開発されたのが
このビキニワックスです


これらの場所に生える毛は頑固なことも多いですし
エステなどで脱毛するのには抵抗がある人も
多いのではないでしょうか。

そのような場合、自分で処理するのが手っ取り早いですよね。
このビキニワックスは簡単に出来るし、痛みも少ないので
とてもオススメです
よ。

使う手順ですが、ワックスを薄くのばして塗り、乾いたらはがします。
ワックスの種類にはソフトワックスやハードワックスがあります。

ソフトワックスは布を当てますが、ハードワックスの場合は
ワックスをそのままはがします。

脱毛しにくい部分ではありますが、
女性は見た目を気にする人が多いので
怠ることなく処理して、きれいな体を目指していきましょう。


■ビキニワックスのメリット・デメリット

脱毛しにくいビキニラインの脱毛に適していると言われている
ビキニワックスですが、メリットとデメリットがあります。

まずはメリットについて。
ワックスを使うことになるので、仕上がりがきれいであることと
安全であること

はがすときに、古い角質も一緒に取れるので、肌がきれいに、
そして、すべすべになります

カミソリ脱毛によるカミソリ負けがないことも良い点です。
また、毛根から脱毛するので、毛がまた生えるまでに時間がかかり
脱毛頻度が少しずつ減ります。

肌にも優しいのも嬉しい点ですよね。

その反面、デメリットもあります。
デリケートな部分の脱毛なので、
しばらくは皮膚に赤みが生じる場合があります

頻度は減るものの、定期的に脱毛しなければならないので
それが少し大変ですね。

また、生理前後と生理中はホルモンバランスの影響により
肌が敏感になっているので、これらの時期は避けましょう


人によっては痛みを強く感じることもあります。
また、皮膚の再生が早くなってりまうと埋没毛になることがあります

これらの点は注意したいですが、メリットも多いですよね。
この脱毛方法はカミソリや毛抜きよりも優れていますが
エステや医療機関でするよりは劣ってしまいます

時間や時期、お金の問題などを考慮して
どの部分はどの方法で脱毛するのか決めてみてはどうでしょうか。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。