脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

レーザー脱毛、ニードル法...? どの方法がいいの?

2013年12月 2日 Posted in 脱毛の種類

■レーザー脱毛とニードル脱毛の違い

脱毛方法として長い歴史があるニードル脱毛と、比較的まだ
新い脱毛方法であるレーザー脱毛とでは、どのような違いが
あるのでしょうか。


ニードル脱毛というのは電気針と呼ばれる針を使用して脱毛
をする方法
になります。


処理したい毛穴にこの電気針を差し入れ、微弱電流を流すと、
体毛を通じて毛根部分に熱反応を伝えてダメージを与えます。


このダメージを与えられた毛根は毛を再生させる能力が劣化
するために毛が再生されなくなります。
そしてピンセットなどで今ある毛も抜き取ります。


電気針を刺すときと、微弱電流を流すときに痛みを生じ、
体毛一本一本に対して脱毛処理をしていくためにとても
時間がかかる方法になります。


そのかわり、確実に体毛にダメージを与えるため、脱毛効果
が高い方法
になります。


一方、レーザー脱毛も毛根部分にダメージを与えて毛を
再生させにくくするという仕組みは同じになりますが、電気針
ではなくレーザー光を肌に照射するという方法を用います。


このレーザー光は黒い色にのみ熱反応を示すもので、
体毛のように黒いものに熱を伝えますが、肌に対しては
殆どダメージを与えません。


しかし、面で処理をするため照射した全ての毛穴に対して
確実にダメージを与えることは難しいそうです。


面で処理をするため一回の施術は短く、痛みもほとんどない
のですが、体毛がほとんど生えてこないという状態にする
までに時間がかかる方法
になります。




■どちらが良いのかはその人次第

現在主流と言われている脱毛方法はレーザー脱毛や
フラッシュ脱毛になります。


仕組みとしてはこの二つは同じようなものですが、出力の
違いや医療器具と美容器具の違いなどがあります。


一方、ニードル脱毛は主流ではなくなりつつありますが、
生えている体毛を確実に処理が出来る方法として、
今もメディカルクリニックやエステサロンでは行われています。


時間がかかっても施術したらすぐに効果が実感できる
ニードル脱毛の方が良いという人もいる
そうです。


また痛みをあまり感じないで済むのであれば、レーザー脱毛
の方がいいという人もいます


どちらが良いのかは実はその人次第というのが実情に
なっているようです。


ただ、予算などを考えるとニードル脱毛は高く、施術する人
の技量によっても痛みなどが酷い場合もあると言われている
ために、レーザー脱毛を希望する人の方が今は多いそうです。


レーザー脱毛である程度脱毛施術を行い、それでも残って
生えてくる体毛についてはニードル脱毛で施術を行う
という両方の施術方法を行う人もいるそうです。


また施術箇所によってはレーザー脱毛では脱毛できない
部分もありますので、このようなところはニードルで行う
という人もいるようです。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。