脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

IPL脱毛とは?

2012年6月12日 Posted in 脱毛の種類

■IPL脱毛とは?

IPL脱毛とは、インテンス・パルス・ライト(Intensive Pulse Light)
脱毛の略で、光を使った脱毛法です。

インテンス・パルス・ライトは、直訳すると
「強くて瞬間的な光」という意味になります。
カメラのストロボなどにも使われているキセノンランプという原理を
応用して光を発するので、フラッシュ脱毛とも呼ばれています。

この光は、メラニン色素だけに作用するという特徴があるため、
主にアザやシミの治療法として利用されていました。
それを脱毛法に利用したのがIPL脱毛です

メラニン色素は、人間の毛根にも多く含まれています。
そのため、このIPLの光を照射すると皮膚を通り越して、
毛根に熱を与えることができます。

毛根は熱を浴びるとタンパク変性という反応を起こして死滅します。
毛根が死滅した毛は、数週間で自然に抜け落ちて脱毛できるというわけです。

ただし、毛が抜け落ちた毛穴では再び毛を作り始めます。
しかし、一度IPLを照射した毛穴から生えてくる毛は、
元の毛より細いものが生えて来ます。

その毛に再びIPLを照射して毛根を死滅させるという処理を、
数回繰り返すことによりその毛穴からは毛が生えなくなります

毛根が完全に死滅すると、毛穴は収縮して見えなくなります。


■IPL脱毛の特徴と注意点

IPL脱毛は、主にエステで行うものです。
レーザー照射による脱毛になります。

脱毛は、敏感肌の人が行うと炎症を起こす可能性が高いので
諦める人も多いのですが、IPL脱毛は肌が乾燥をしていなければ
安心してできるものです。

IPL脱毛は光を照射するのですが、
その光がインテンス・パルス・ライトという特殊な光で、
毛のメラニン色素のみに反応をすることにより脱毛をします
毛根から処理をし、抜けていきます。

表面の肌には刺激がないので肌へのダメージもほとんどないです。
レーザーは照射範囲が狭いものが多いのですが、IPLは範囲が広いです。

範囲が広いため、照射の時間が短くすむのでとても楽です。
広いと言ってもレーザーなので、脱毛部分の狭いVラインなどにも
IPL脱毛が施術でき痛みもそれほど感じません

IPL脱毛は可視光線で肌を活性化してくれるので、
肌がきめ細やかで脱毛をした後も美肌につながるため、
女性の人気が高い脱毛法です。

ただし、肌が乾燥をしていると火傷や炎症の原因になります
また、1度の照射で脱毛が完了するわけではなく、
5回程度はする必要があります。

脱毛の前後は、肌の水分量を高くして乾燥に気をつけていただければ、
効果も高く早く脱毛が終わります。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。