脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

エステの脱毛はシミに悪影響がある?

2013年4月11日 Posted in エステサロン

■エステの脱毛はシミに悪影響がある?



エステで行われている脱毛は、シミに悪影響があるという噂を
聞いたっことがある人もいるのではないでしょうか。
その噂の真偽というのは気になりますよね。

実は、エステで行われている光脱毛で、シミが出てきたという
人は案外多いようです。


シミの原因はいろいろありますが、実はシミというのは表に現れる
前にすでに皮膚の下に隠れているということが多いそうです。

光脱毛では光による脱毛効果だけではなく、光フェイシャルといって、
肌を活性化させる効果があります。
つまり、肌の新陳代謝を良くしてターンオーバーを正常に整えます。

このターンオーバーの効果で今まで隠れていたシミが一時的に
表に出てくるということがあるということがあります


しかし、このターンオーバーによって現れたシミは、半年くらいたつ
と自然と消えてしまうそうです。

つまり、光脱毛によって現れてしまったシミというのは、もともと将来
できるはずのシミで、そのシミも定着せずちゃんと消える
ということです。


また、光脱毛によって新たなシミができるかというと、これはない
そうです。

光脱毛で使われる光はシミの原因となる紫外線とは異なる
光なので、シミが新たにできるという心配はないそうです。






■脱毛の肌への影響とトラブル対策


肌への影響としてシミが新たにできることはないということは
なんとなくわかったけど、でもやはり肌への影響やトラブルは
起こらないのか心配という人も多いですよね。

では、脱毛の肌への影響とトラブル対策はどのようなものが
あるのでしょうか。


肌にもっとも影響があるものというと光の熱によるやけどや炎症
というトラブルになります。

このあたりのトラブル対策としては、脱毛前に日焼けをしないこと
や保湿をしっかりと行うということになります。


光脱毛は黒色メラニンに反応させて毛の根元である毛乳頭に
ダメージを与えるというものが基本的な原理になります。

日焼けをしていると、光脱毛の光がその焼けている部分に反応を
してしまい、肌を焼いてしまう、つまり火傷をしてしまうことがある。
と言われています。

また、生理中などホルモンバランスが崩れやすい時期は、光照射
の刺激によっていつもより過敏に肌が反応を起こして炎症を
起こしやすくなります。

せっかく予約をしたから、せっかく時間を空けておいたから、と
無理に脱毛を行うのではなく、肌のコンディションをしっかりと
考えて脱毛を行う
必要があります。


また、カウンセリングの時にしっかりと自分の肌の様子などを
サロン側に伝える
ことで、回避できるトラブルも多くなります。


エステで脱毛を行うときには、

・肌のコンディションが良い時に
・日焼けは厳禁
・保湿をしっかりとする
・カウンセリングでしっかりと肌の状態を説明する

ということを行うことがトラブル対策になるのではないでしょうか。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。