脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

グリシンマックスエキスとムダ毛の関係とは?

2012年5月28日 Posted in 抑毛成分

■グリシンマックスエキスと毛の関係

身体の中のホルモンバランスによって、

体毛の濃さというのが変わってくる。

ということはかなり知られていますよね。


男性ホルモンの分泌が多いと体毛が濃くなり、

女性ホルモンの分泌が多いと体毛が薄くなるというのは、

やはりホルモンバランスが男性らしさや女性らしさに影響があるからです。


女性ホルモンのエストロゲンにとてもよく似た作用を持つといわれている、

植物性のエストロゲンという物が世の中には沢山あります。

その中の一つにグリシンマックスエキスというものがあります。


なんだか耳慣れない名前だと思う人もいると思いますが、

実はこれは日本人にとっては馴染み深い植物の学名なんです。


その植物とは「大豆」です。

大豆の学名をGlycine max(グリシンマックス)

つまり、グリシンマックスエキスとは大豆のエキスになります。


とは言っても豆乳とは異なり、黒い大豆の外皮や胚芽から取れるエキス。

と言われています。


大豆で女性ホルモンに似た性質を持つ物というと、

大豆イソフラボンが思い浮かべることができると思います。


グリシンマックスエキスにはその大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

そのため、大豆イソフラボンの効果で、

抑毛作用があるといわれています。



■グリシンマックスエキスの摂取方法

グリシンマックスエキスが大豆の外皮や胚芽のエキスであることは、

分かったと思います。


では、このグリシンマックスエキスを摂取する方法や注意

どのようなことがあるのでしょうか。


大豆はもともとアレルギー源としても知られています。

喘息やアトピー性皮膚炎など、大豆由来のアレルギーを持っている人は、

摂取を控える必要があります。


場合によっては重篤なショック症状を起こすことがあります


他の植物性エストロゲンと同じように、


妊娠中および妊娠していると思われる人

胎児

乳幼児

小児

は摂取を控える必要があります。


グリシンマックスエキスをはじめとした女性ホルモンに作用を持つものは、

過剰摂取による健康被害の懸念があることから、

特に身体の小さい子供の摂取は控える必要があるといわれています。


グリシンマックスエキスを含有するサプリメントを摂取する場合や、

クリームなどを塗る場合は、一日の使用量を守る必要があります


グリシンマックスエキスは、よくダイズエキスとも表示されているようです。

化粧品等にもよく含まれている成分になっています。


ちなみに、グリシンマックスと非必須アミノ酸の「グリシン」とは異なりますので、

安眠サプリなどとしてよく売られているグリシンサプリとは異なる物です。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。