脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

プエラリアミリフィカとムダ毛の関係とは?

2012年5月24日 Posted in 抑毛成分

■プエラリアミリフィカと毛の関係

女性でムダ毛が濃いという人では、やや男性ホルモン分泌が過剰で、

ホルモンバランスが崩れていることがあるといわれています。


体内で作られる女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少し、

男性ホルモンであるアンドロゲンを抑制することが出来ない状態で、

外部からエストロゲンを取り入れることで改善することがあります。


このような方法をホルモン療法といいます。


よく外部からエストロゲンを取り入れるさいには、

エストロゲンに似た作用を持つ物質を取り入れることがあります。

代表的な物が大豆イソフラボンですよね。


マメ科の植物にはこのようなエストロゲンによく似た作用を持つ、

イソフラボンの成分がおおく含まれているといわれています。


タイ北部やミャンマーの山岳部に自生するプエラリアミリフィカというものも、

マメ科クズ属の植物で、植物性のエストロゲンであるイソフラボンが含まれています


しかし、このプエラリアミリフィカに含まれているイソフラボンは、

大豆のほぼ40倍とも言われています。


これだけ豊富な植物性エストロゲンが含まれているため、

プエラリアミリフィカがムダ毛の抑毛にも効果があるといわれています。


女性らしい体型作りのためのサプリメントとして、

最近ではよく見かけるようになりました。



■プエラリアミリフィカの摂取方法

植物性エストロゲンであるイソフラボンが、大豆の40倍も含まれているという、

このプエラリアミリフィカですが、摂取には注意が必要とも言われています。


実はこのプエラリアミリフィカには、イソフラボンのほかに、

強力なエストロゲン活性を持つ成分が含まれています

ミロエストロールという成分になります。


そのため、過剰摂取は特に注意が必要になってきます。

効果が強すぎるため、副作用の心配があるからです。


また、もともと大豆イソフラボンなどをサプリメントとして摂取することは、

推奨できないとされている人たちもいます。


妊婦および妊娠の可能性がある人

胎児

乳幼児

小児


です。

妊婦が摂取を推奨されないのは、胎児にその影響を与えるからと言われています。


プエラリアミフィリカもまた大豆イソフラボンと同じような作用があるため、

上記の人は摂取を控えたほうがいいと言われています。


また、サプリメントの用量や用法を守ることも必要です。


日本では、特定保健用食品での植物性エストロゲンの摂取量の上限を、

大豆イソフラボンアグリコン換算値として1日30mgと定めています。


また男性も、極端な女性化が起る可能性があるとして、

摂取は控えたほうが良いといわれています。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。