脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

プロゲステロン(女性ホルモン)とムダ毛の関係とは?

2012年5月24日 Posted in 抑毛成分

■プロゲステロン(女性ホルモン)と毛の関係


体内には、男性ホルモンと女性ホルモンが含まれます。

このうちの女性ホルモンですが、プロゲステロン(黄体ホルモン)と
エストロゲン(卵胞ホルモン)の2つがあります


体内にあるこの女性ホルモンですが、ごく少量なのですが
体に与える影響は大きい
ということがわかっています。


これらのホルモンは体毛にも関与すると言われているんです。

男性ホルモンが多い人は毛が濃くなりやすいといわれているように
男性ホルモンには毛の成長を活発にする役割があります


女性がよく更年期や妊娠中などに、毛深くなることがあるのですが
この時期には女性ホルモンが減少する割に、男性ホルモンに変化が現れなくなり
二つのホルモンの割合に変化が起きるため
といわれています。


この二つのホルモンのバランスなのですが、個人差があります。

男性でも男性ホルモンが少ない人もいますし
反対に女性でも男性ホルモンが多い人だっています。


また、毛深いというのは遺伝の要素も含まれるので、
体毛の量にもどうしても個人差が出てきてしまいます。


遺伝の場合は、根本から毛の濃さや多さなどを改善することは難しいのですが
それ以外の場合には、女性ホルモンを多くするか、
男性ホルモンを少なくするかにより良くなるケースもあります。


生活習慣が体に与える影響も大きいので、不規則な生活になりがちな人は
見直ししてみると良いですよ。


 → ムダ毛に悩まなくて済む! 脱毛サロンはこちら


■プロゲステロンの摂取方法


男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを保つことは大事ですよね。

女性ホルモンの1つでもあるプロゲステロンですが、
これを摂取する方法って気になりませんか?


方法としてはいくつかあるので、その中から一部を挙げてみます。

まずは、クリームです。
これは医師に従って使用することになるのですが手軽な方法として知られています。

個人で使うには危険も伴うので、必ず医師に指定された安全なものを使いましょう。


そして、もう一つが食べるものに気をつけるということ。

プロゲステロンを増やすには、ビタミンEが多く含まれる食べ物を食べると良いです。
ビタミンEとは言ってもどれを食べたらいいのかわからない人も多いですよね。

具体的書いてみると、アーモンドや明太子、イクラ、かぼちゃ、アボカドなどです。


特にアボカドは女性にも人気の食べものですよね。

サラダなどによく入れて食べる人もいるでしょう。


女性ホルモンを増やすものとして書いたこれらの食材ですが
そのほかにも、女性の多くが悩みがちな体の冷えを改善するという
嬉しい効果もあります
よ。


毎日元気に過ごしていくためにも、これらの食材を
たくさん食べるようにすると良いですよ。


女性ホルモンを増やすことで、
より女性らしさに磨きをかけることも出来るかもしれませんね。


 → ムダ毛に悩まなくて済む! 脱毛サロンはこちら






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。