脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

プレマリンとムダ毛の関係とは?

2012年5月18日 Posted in 抑毛成分

■プレマリンと毛の関係

毛とホルモンバランスの関係というものは大変密接なものです。
男性ホルモンが多いとどうしても毛深くなり、
逆に女性ホルモンが多いと体毛は薄くなりやすくなります。


毛深いことに悩むのであれば女性ホルモンを補充すれば、
体毛が薄くなるのではないか?と思いますよね。


女性ホルモンの分泌が減少することで起るといわれている更年期障害などの治療薬で、
プレマリンというものがあります


プレマリンは卵胞ホルモンを補う薬になります。
体内で作られるエストロンや、馬のエストロゲンのエキレニンなど、
10種類を越す女性ホルモンであるエストロゲンの混合薬です。


この薬を服用することは女性ホルモンを補うことになるため、
男性ホルモンの分泌が多いなどのホルモンバランスの崩れや、
多毛症の原因の一つでもある卵巣の異常に対して有効的な薬
です。


ちなみに、プレマリンのジェネリック製品でエスロトモンという薬もあります


プレマリンを服用することで女性ホルモンが補充されますので、
毛深い状態を改善させ、体毛を薄くすることが期待できます


しかし、プレマリンは副作用も多い薬でもあります。
個人輸入などで気軽に購入することが出来ますが、注意も必要です。
医師とよく相談をして服用することが必要な処方薬と考えた方がいいですね。


■プレマリンの摂取方法


女性ホルモンを補うことができる卵胞ホルモン剤であるプレマリンですが、
実際はどのような症状で使用されるのでしょうか。


プレマリンの主な効果は


・排卵を起させ、生理を定期的に起させる
・更年期障害を改善させる
・卵巣機能不全など、卵巣機能を改善させる
・機能性子宮出血を改善させる
・膣炎を改善させる


などに使われる物です。


これらは婦人科の疾患であり、婦人科の医師の指導の下、
処方薬として使われています。


本来気軽に個人輸入などで服用すべき薬ではありません。
というのは、このプレマリンには重大な症状を引き起こす可能性、
つまり副作用がある
といわれています。


子宮内膜がん・卵巣がんの発症
血栓症・脳卒中・心疾患などの発祥
閉経後の長期間使用による乳がんの発症


その他にも複数の副作用が確認されています。


またプレマリンを服用してはいけない人もいます。


アレルギーを持っている人
血栓症・肝臓の疾患・心疾患などの持病がある人


などがあげられます。


多毛症などで婦人科から処方された場合には、
用量や用法をしっかりと守って、長期服用する場合には、
リスクに対応した検診を受診する必要があります


これらのことから、安易に摂取すべき薬ではない
ということは分かると思いますので気をつけてください。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。