脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

大豆イソフラボンとムダ毛の関係とは?

2012年5月13日 Posted in 抑毛成分

■大豆イソフラボンと毛の関係


ムダ毛処理に困っている女性は多いですよね。
毛ってどうしても生えてきてしまうものですが、
毛が生えるのを抑えることは可能なんです。


それでは、何が抑毛効果があるのか、気になりますよね。
大豆製品に含まれる大豆イソフラボンがその効果があるといわれています。


最近では大豆イソフラボンが含まれたローションなどが販売されており
毛を薄くすると評判です。

ただ、気をつけたいのは、それさえ塗っておけばよいと思ってしまうこと。
効果が現れるのは時間がかかるものなので、塗るなら続けることが大事です。


このように、大豆製品で毛が濃くなるのを防げるとわかったので
普段の食生活にも、これらをよく食べるようにするのも効果的です。


大豆製品と言ってもたくさんありますよね。
豆乳や豆腐、納豆、きな粉など。
中には苦手なものもあるかと思いますが、どれか1つくらいは食べられる場合が
多いのではないでしょうか。


毛を細くしたり、濃くなるのを防ぐ効果のほかにも
美肌効果が出ることもあるので、女性にはとてもオススメです。


大豆製品は健康面でも良いので、良いことづくめですね。
私たちにとっては食べるということは大事なことですし
せっかく食事をするなら、健康や美容に良いものを食べていきたいですよね。


■大豆イソフラボンの摂取方法


ムダ毛を生えにくくしたり、毛を細くする働きがある大豆イソフラボンですが
具体的にどうしたら摂取できるのか気になりますよね。


豆腐、納豆、豆乳、味噌汁などが比較的取りやすいのではないでしょうか。


この大豆イソフラボンは一日あたり30mgが目安だといわれています。
それをしっかりと理解した上で摂取するようにしましょう。


具体的にどの食材にどれだけ含まれているかというのも
気になるところですよね。

豆腐だと0.5丁で55mg、納豆だと1パックで65mg、
豆乳だと125mlで69mg含まれているのでぜひ参考にしてみてください。


大豆をよく使う料理といえば和食ですよね。
和食中心の食生活に変えてみると効果的です。


最近ではサプリで大豆イソフラボンを摂取することも可能ですが
過剰摂取は避けるようにしましょう。
何事も程々が一番です。

ちなみにですが、サプリメントでの摂取にする場合、
一日あたりで30mgを超えると過剰摂取になるので気をつけてくださいね。


上記にあげたように、大豆イソフラボンの摂取する方法は複数あることがわかります。
自分の好みや生活スタイルに合わせてこれらの食品を食べるようにしたいですね。

この規定量を守って生活を続けると血圧が下がったり、
コレステロール値も下がることもあるので、健康面でも良いことが実感できますよね。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。