脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

豆乳クリームとムダ毛の関係とは?

2012年5月11日 Posted in 抑毛成分

■豆乳ローション・クリームと毛の関係

ムダ毛処理に豆乳ローションやクリームがいい。
という話を聞いたことはありませんか?


様々なテレビ番組や雑誌などで紹介されているという
豆乳ローションやクリームなのですが、
なぜムダ毛処理にいいのでしょうか?


ムダ毛というのは、ホルモンのバランスによって
濃くなったり薄くなったりする性質
があるそうです。


豆乳の原材料である大豆には、
女性ホルモンのエストロゲンと大変よく似た性質を持つ、
「大豆イソフラボン」という成分
が含まれています。


この、エストロゲンに似た大豆イソフラボンを塗ることで、
ムダ毛が薄くなったり量が減ったりするという効果
があるそうです。


そして豆乳ローションやクリームには抑毛以外にも、
美肌効果もあるといわれています。


女性ホルモンのエストロゲンはお肌をキレイにするのにも活躍します。
つまり、大豆イソフラボンもまた、お肌をキレイにする効果があるのです。


そして豆乳自体が植物素材のため、
豆乳ローションは子どもでも使用することができるそうです。
ムダ毛に悩む若年層にも使用することができるんですよ。


「レモン汁と豆乳」基本はこれだけの材料で、
豆乳ローションを手作りすることも出来るそうです。


もちろん、手作りは大変という人は、市販品もありますよ。



■豆乳ローションの使用方法


ムダ毛を抑制してさらにお肌もキレイになる。
と評判のある豆乳ローションですが、
どのように使用したらいいのでしょうか。


基本的な使い方としては、
毎日朝と夜に適量を抑毛したい場所に塗るだけ。
という簡単さです。


もう少し詳しく書きますと。


お風呂上りに塗ると良い
と言われています。


お風呂上りはお肌も清潔ですし、身体が温まり、
毛穴が開いている状態なので、
ローションの効果が浸透されやすいというメリットがあります。


保湿効果や美肌効果もありますので、
ボディーローションとして使用する感覚でも使えます。


量としては一般的なボディーローションと同じように、
お肌がしっとりと潤ったかな?
と感じられるくらいが適量になります。


次に自己処理でムダ毛処理を行った後に塗ると良い。
と言われています。


自己処理によって傷ついてしまったお肌にたいして、
抑毛効果だけではなく、保湿効果や肌荒れを防ぐ、
美肌効果を期待することもできるそうです。


顔の産毛処理などに使いたいというときには、
コットンに含ませてパッティングするという方法もあります。


ただし、注意が必要なのは、大豆アレルギーがある方は、
絶対に使用しない
ようにしてください。
またお肌が弱い方は、あらかじめバッジテストを行った方が安心です。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。