脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

毛深くならない方法を教えて!

2014年8月15日 Posted in よくある質問

■毛深くならない方法ってあるの?

毛深くなるのは誰でもあまり嬉しくないですよね。


毛深くならない方法があればぜひ実践したいという人もいる
のではないでしょうか。


毛深くならないようにする方法の一つとして、ストレスを
ため込まない
。ということがあります。


体毛とストレス?と疑問に思うかもしれませんが、実は
体毛とストレスにはとても深い関係があります。


ストレスが溜まってくるとテストステロンという男性ホルモン
の分泌を促すと言われています。


この男性ホルモンが増えると体毛が濃くなるそうです。


つまり、ストレスによって体毛が濃くなるのですから、
逆にストレスが少なければ男性ホルモンの分泌が抑えられ
体毛も濃くならないということになります。


紫外線を浴びることでも実は体毛が濃くなります。


もともと体毛は外部からの刺激からお肌を守るために生えている
ため、紫外線を浴び続けると体毛は濃くなります。


なるべく紫外線を浴びないということも毛深くならない方法の
1つになっています。


外出時には出来るだけお肌の露出を避けるか、
日焼け止めなどをしっかりと塗る
習慣をつけることが
大切になってくるようです。


毛深くならない方法の中には食事に気を付ける方法
というものもあります。


では、食事で毛深くならない方法を紹介しましょう。




■食事で毛深くならない方法もあるの?

食事で毛深くならない方法を紹介してみたいと思います。


肉類や糖分の高い物というのは実は男性ホルモンの
分泌を促すと言われています。


そのため、肉類や糖分の高いものを食べ過ぎないように
するということで毛深くなるのを防ぐことが出来ます。


男性ホルモンの分泌を促進させないことも大切ですが、
実は女性ホルモンの分泌を促進さえることも毛深くならない
方法の一つです。


大豆製品はイソフラボンという成分が沢山含まれていますが、
このイソフラボンが疑似女性ホルモンとも言われており、
大豆製品を積極的に摂取すると毛深くならないと言われています。


サプリメントなどでのイソフラボンの摂り過ぎは問題になって
いますが、食品からイソフラボンを積極的に摂取することは
問題がありません。


食事以外でも女性ホルモンの分泌を促すことが出来る
方法があります。


実は恋をすることでも女性ホルモンの分泌が促進されます
ので、毛深くならなくなるとも言われています。


運動をすることでも女性ホルモンの分泌は促進されます。


運動をするとイライラが解消されることがあると思います。


これはストレスが軽減されて女性ホルモンの分泌が
促されるからだと言われています。つまり、毛深くなることを
予防することが出来るということに繋がります。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。