脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

光脱毛は本当に抜けるのですか?

2014年8月 7日 Posted in よくある質問

■光脱毛は本当に抜けるのですか?

脱毛と言えば一昔前はワックス脱毛かニードル脱毛が主流
でしたよね。


どちらの方法も痛みが強いと言われていて、かなり脱毛を
するのは大変でした。


ワックス脱毛は毛を単純に抜くだけですから、当然ですが
また生えてきますので繰り返し何度も施術を受ける必要
があります。


一回の脱毛施術自体はそれほど高くないのですが、繰り返し
行うために多額の費用が掛かります。


ニードル脱毛は永久脱毛とも言われている方法で、一度
施術を受けた毛穴からは毛が再生されませんが、電気針
を毛穴に差し入れて施術をしていくため大変痛みがあります。


さらに丁寧に一本一本施術をしていくため時間がかかり、
費用も掛かります。


現在主流の光脱毛は、お肌に光を当てるだけという方法の
脱毛方法になりますので、痛みは少なくニードル脱毛のように
一本一本施術をするわけではないので素早く済みます


そのため費用も比較的安く、広範囲の脱毛に向いている
言われています。


これだけ脱毛サロンが多くなってきているのはこのためです。


しかし、このような脱毛方法で本当にムダ毛が抜けるのか
心配ですよね。


では、光脱毛で毛が抜ける仕組みとその効果を実際にチェック
してみて、毛が本当に抜けるのか考えてみたいと思います。




■光脱毛のしくみと効果とは?

毛というのは毛根部分に毛が再生する組織を持っています。
毛包といいます。


この中には毛細血管から血液を供給して毛が伸びるための
細胞である毛母細胞に送り出すための毛乳頭という部分が
あります。


この毛乳頭や毛母細胞といった組織は、毛が抜けたあとは
しばらく活動を休みますが、繰り返し何度か活動をすることで
毛が伸びてきます。


光脱毛ではこの毛包の部分に熱ダメージを与えます。


具体的にいうと、表面にすこし残っている毛に光を当てることで、
この光のエネルギーが毛を通じて毛包部分に到達します。


この光脱毛で使われている光のエネルギーの特長としては
黒い色にのみ熱ダメージを与えるというものです。


つまり、お肌には熱ダメージを与えませんが、黒い毛には
熱ダメージを与えるため、お肌に負担をかけずに毛の部分
にだけ熱ダメージを与える
ものです。


熱によってダメージを与えられた毛包部分は再生能力を
失ってしまいますので、再び毛を伸ばすことが出来なくなります


また毛包部分にダメージを与えることで毛穴の中にあった毛
も成長することができないため抜け落ちてしまいます。


光脱毛はこのようなしくみで脱毛をしますので、
確かに毛が抜ける脱毛方法であると言えるのではないでしょうか。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。