脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

産後(出産後)の脱毛の注意点

2014年6月24日 Posted in よくある質問

■産後の脱毛はいつからできるの?

妊娠・出産を頑張ったご褒美に以前から気になっていた
ムダ毛処理をしたいと考えている人もいるかも知れません。


また育児に忙しいとムダ毛処理まで手が回らないから、脱毛を
して手間をかけずに済むようにしたいという人もいるかもしれません。


産後、脱毛を始めようという人や脱毛を再開しようという時には、
どのくらいの時期から出来るのか気になるところです。


これは思春期の女性ととてもよく似ている状況なのですが、
出産後に生理が来て2回程度順調に生理がきて体調が整って
からのほうが良い
。と言われています。


この生理が整ってきたらというのは、実はホルモンバランスが
整ってくる目安
と言われています。


ホルモンバランスが崩れている状態というのはお肌のトラブルが
起こりやすく、ちょっとした刺激でも肌トラブルが起こることがあります。


最新の脱毛というのは比較的お肌には優しいと言われていますが、
ホルモンバランスが崩れている状態のお肌はデリケートで
ちょっとした刺激でもトラブルを起こしてしまう
可能性があります。


この状態の時に脱毛を行うと、普段は起こらない肌トラブルが
発生してしまうことがありますので、生理が2回以上順調に来る
という目安は守るようにしましょう。




■産後の脱毛での注意点とは?

産後の脱毛での注意点というのはどのようなものが
あるのでしょうか。


まず、先ほども紹介したとおりに肌トラブルが起こらないよう
生理が順調にきているかどうかを確認することが大切です。


授乳をしている場合には、授乳が終わってから脱毛を
始めた方がいいとも言われています。


脱毛サロンによっては授乳中は脱毛施術を行わないという
サロン多い
ので、この点も注意しましょう。


脱毛の施術によって母乳になにかしらの影響があるという
わけではないそうですが、やはり何かあると大変ですよね。


脱毛サロンは医療機関ではないので万が一何かがあった場合
に責任を負うことが出来ませんから、施術を行わないという
ことが多いそうです。


脱毛サロンは基本的に赤ちゃんを連れていくことが出来ない
ことが多くなっています

そのため、乳児であっても一緒に行くことが出来ません。


個人経営の家庭的な脱毛サロンであれば可能な可能性も
ありますが、脱毛サロンには赤ちゃんにっとっては危険な
機械類が多く置いてあるためだそうです。


脱毛施術中は赤ちゃんの面倒を見ることも難しいですから、
産後に脱毛に通うためには赤ちゃんを預けていくことになります。


このような注意点がありますので、産後に脱毛に通いたいと
考えている人は参考にしてみてください。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。