脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

もう生えてこない脱毛方法ってあるの?

2014年3月11日 Posted in よくある質問

■もう生えてこない脱毛方法ってあるの?

自分でムダ毛処理をしていると気になるのはやはりいつまでこのような
処理を続ければよいのかということではないでしょうか。


出来ればこのムダ毛処理から解放されたい。
毛が生えてこない脱毛方法があればよいのに。
このように思っている人は多いのではないでしょうか。


毛が生えてこない脱毛方法はいくつかあります


一つは永久脱毛と呼ばれている方法で、これはクリニックなどの医療
機関で行われている医療電気針脱毛と呼ばれているものになります。


この医療電気針脱毛と類似していますが、使用している器具などが
異なる方法でエステサロンで行われている美容電気針脱毛も永久脱毛
に近い脱毛方法
になります。


永久脱毛とは言えませんが、永久制毛といって永久脱毛の効果とほぼ
同様の効果を得ることが出来る脱毛方法もあります。


クリニックなどの医療機関で行われている医療レーザー脱毛と、
エスエサロンや脱毛サロンで行われている美容光脱毛という種類の
脱毛がこれに当たります。


現在一般的に行われている脱毛方法がこの医療レーザー脱毛と美容光
脱毛になっています


永久脱毛と永久制毛の違いなどについては後ほど詳しく紹介してみたい
とおもいます。
特徴などを考えて利用してみてください。




■永久脱毛と永久制毛

永久脱毛というのは日本では医療行為とされていますので、クリニック
など医師が常駐している医療機関でのみ行うことが出来る脱毛方法
になっています。


医療機関で行うことが出来る脱毛の中でも、歴史が長く本当に
永久脱毛と言えると言われているのが医療電気針脱毛になります。


この脱毛方法はムダ毛一本一本について施術を行っていきます。
肌に触れる所には絶縁処理を施した医療電気針を用いて、毛穴に
この電気針を挿入して微弱電流を流し、毛の再生組織を破壊
します。


処理した毛はその時に抜くことが出来ますので効果はすぐに実感
することができますが、痛みが強く時間もかかる脱毛方法になります。
そのため、費用も高額になってしまいます。


エステサロンで行われている美容電気鍼脱毛はしくみは同じですが、
医師が常駐していませんので医療行為として行うことが出来ません。
医療器具である絶縁針を使えないため、痛みが強いようです。


永久制毛と呼ばれている医療レーザー脱毛と美容光脱毛は、ともに
メラニン色素の黒い色にのみ熱反応を与える光を照射することによって
やはり毛根部分の毛の再生組織にダメージを与える方法
です。


その日のうちに効果を感じることは難しいのですが、施術から2週間
程度で毛が自然に抜けます。
電気針を用いた施術よりも痛みが少なく、短時間で終了します。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。