脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

痛くないムダ毛処理の方法とは?

2012年6月11日 Posted in よくある質問

■痛くないムダ毛の処理方法

ムダ毛の処理をするときに、痛い思いをしている方が意外と多いようです。
毛抜きで抜くと、周りの皮膚も一緒に引きちぎるようなものなので、
当然痛みを伴います。

カミソリで剃ると、周りの皮膚も削り取ってしまうので、
剃り跡が赤くなってヒリヒリ痛むことがあります。
また、剃った部分の毛が生えてくると、チクチク痛痒くなります。

脱毛ワックスも同じで、剥がす時に皮膚も一緒に剥がしてしまうため、
肌トラブルは避けられません。
自己処理だから痛いのかというと、そんなことはなく、
エステサロンで死ぬほど痛い思いをしたという話もよく聞きます。

人によって痛みを感じる度合いが違うので、
全然痛くなかったという人もいますが、
脱毛方法によっても痛さが違うので要注意です

フラッシュ脱毛と呼ばれる、出力の弱いレーザー脱毛法だと
さほど痛みを感じることはありません

これが、出力の高い医療用レーザー脱毛器を使うと、
輪ゴムで弾かれるような痛みを感じます。

一番痛いのが永久脱毛によく使われるニードル式と言われる方法で、
毛穴ひとつひとつに針を刺して毛根を破壊する方法なので、
かなりの痛みを伴います。

しかし、最近では麻酔をしてくれるクリニックもあので、
痛くないムダ毛の処理をするなら、医療機関での脱毛がおすすめです


■痛くない脱毛ってある?

痛くない脱毛の仕方ですが、カミソリで剃る、除毛剤を使う、
家庭用の脱毛器を使う、エステに行く、といろいろあります。

カミソリで剃るのは、すぐ気になる箇所を処理できます。
ただ自分では背中が剃れないとか、デリケートな部分は難しいとか、
剃れない箇所もあります。

カミソリで剃ると肌が黒ずんでくることもあります。
除毛剤はクリームやムースなどありますが肌に塗るだけで脱毛ができ
痛みはなくできます

家庭用脱毛器ですと、機械によって、レーザー脱毛、
フラッシュ脱毛とあります。
クリームを肌に塗って照射するということがないので
衛生面も安心して使えます

照射をして脱毛をする時にはレベルが選べて、
肌や脱毛箇所によって設定をすると痛みを感じなく脱毛ができます。
エステもレーザーやフラッシュとお店によっては違います。

照射のレベルをその人に合わせて調整をしてくれるので
安心して脱毛ができます。
家庭用脱毛器やエステだと、肌への負担が少なくできます

埋もれ毛がありますので数カ月に一度施術を行うと、永久脱毛ができます。
いろいろな脱毛方法がありますが、それらをするには
肌が炎症を起こしていると、ますます肌に負担が大きく
痛みを強く感じますので、肌の状態がいい時にしましょう。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。