脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

鼻毛の脱毛の方法・注意点

2012年6月 1日 Posted in 体の場所ごとの脱毛

■鼻毛の脱毛

人それぞれ体毛についての悩みがあるものですよね。
気になる場所は人それぞれでしょう。

皆さんは、鼻毛ってどう処理していますか?
市販の鼻毛カッターを使っている人もいますよね。

鼻毛のケアをしている人って正直他の箇所に比べて少ないですよね。
ですが、定期的に鼻から出ていないかチェックすることは
身だしなみとしても必要なことではないでしょうか。

美意識の高い人は、細かい部分まで気を遣っていて
ムダ毛の処理もきちんとしているものです。

特に女性で鼻毛が出ている人を見たら男性から幻滅されてしまう
ということも少なくありません。

脱毛の頻度としては、ワキや足、顔などに比べて少ないですが
鏡を定期的に見るなどしてチェックを怠らないようにしましょう

女性の場合は毎日化粧をする際に、男性はひげを剃る時などの
ついでに鼻毛もチェックすると面倒に感じないですよ。


さて、鼻毛の脱毛ですが、何とエステで出来るのです
鼻の下、いわゆるヒゲの部分の脱毛はよく聞きますが
鼻毛って中々聞かないですよね。

ただ、鼻毛はほこりやウイルスなどを体内に侵入するのを防ぐ
フィルターの役割をしています。
そのため、永久脱毛には向いていません

鼻毛が1本もないなんて、何だか怖いですからね。


■鼻毛脱毛の方法・注意点

女性も男性も、鼻毛を気にしている人は多いですよね。
その処理方法ですが、間違った方法をしていると
鼻を傷つけ、炎症を引き起こす原因にもなるので注意しましょう。

鼻毛カッターやはさみ、毛抜き、エステなど様々な方法がありますが
一番安心なのが鼻毛カッターです

抜くや切るなどの方法がありますが、抜くのは避けましょう
何故かと言うと、毛を抜くと毛穴が傷ついてしまうのです。
脱毛というよりは、除毛が向いていると言えます。

人によっては鼻炎や花粉症を持っている人も居ますよね。
その場合には、鼻毛を短く切りすぎると症状がますます悪化することも
あるので、短く切り過ぎないようにしましょう


また、鼻毛は奥まで見えないことが多いので鏡を持ちながら、
見える範囲で処理しましょう。

鼻毛は外部からの異物の進入を防ぐ役割を持っているので
体としては大切な部分になります。

さらに、鼻毛は粘膜に生えているので、鼻毛を切る場合には
不衛生にならないように、清潔を心がける必要があります。

鼻毛専用のはさみや鼻毛カッターなど、使うものは色々ありますが
それらの器具のお手入れもきちんとしましょう

鼻毛は鼻からはみ出た部分のみを切れば充分とされています。
鼻毛が出ていると周りに与える印象も違ってくるので気をつけましょう。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。