脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

腰・腰毛の脱毛の方法・注意点

2012年5月31日 Posted in 体の場所ごとの脱毛

■腰の脱毛


女性のみなさんが、「脱毛したい!」と思う箇所と言えば、
だいたいは、ワキや腕、脚などになるでしょうが、
腰も意外と体毛が濃い人もいたりしませんか?


腰の部分は、普段あまり気にならない部位でもありますが、
意外と見られていることもあったりします


例えばローライズのパンツを履いている時、
腰を曲げたりしゃがんだりすると、腰の部分の肌が見えてしまいますよね。

そんな時に、腰にビッシリムダ毛があることを考えると・・・・・
正直、おしゃれを楽しむことができませんよね。


あと、これからの時期、水着になる機会も増えますよね。

おしゃれでかわいいビキニを着ているにもかかわらず、
腰毛が目立つ・・・なんてことがあると、ちょっと恥ずかしくないですか?


後ろ姿は、自分ではあまり見ない箇所なので、
気にしていない人も多いかもしれませんが、他人には見られているのです。

女性の最低限の身だしなみとして、今年こそ、
こういった普段目立たない部分のケアもしてみませんか?


とはいえ、腰のムダ毛は、見えにくい部分でもあるので
自分で処理をするのはとても難しいですよね。


それに、意外とデリケートな部分でもあるので、
自己処理をすると、炎症を起こしてしまう可能性もあります


■腰・腰毛脱毛の方法・注意点


腰・腰脱毛の具体的な方法としては、
自己処理の場合、主に使われているのはカミソリやシェーバーです。


こちらはコストもかからず大変手軽な方法ではありますが、
見えにくい部分なだけに、お肌にダメージを与えてしまう可能性があります


また、カミソリなどの刃物はムダ毛と同時に肌も削ってしまっています。

そうなると、カミソリ負けや炎症を起こしてしまったりすることもあるので、
あまりお勧めできる方法ではないですね。


続いて多いのが、毛抜きです。

こちらはカミソリと違って肌が削られる心配はないものの、
毛穴が目立ちやすくなったり、埋没毛や色素沈着になる可能性があるので、
むしろ、カミソリよりもお肌にダメージを与えかねません。


あと、脱毛ローションを使っている人も結構いるようですね。

お肌へのリスクがカミソリなどよりもかなり軽減されていて、
しかも手入れも簡単だというメリットがありますが、
こちらに関しては、脱毛効果を得るのにかなりの時間を要してしまうというデメリットがあります。


その他、家庭用脱毛機もありますが、見えにくい腰の部分の脱毛となると、
自分でするのは、かなり至難の業となってしまいます。


そうなると、やはりクリニックやエステサロンなどの、
プロにお任せするのが一番安心です

お肌のダメージの心配もほとんどなく、
何よりも面倒なケアから解放されるというのが嬉しいですね。


とはいえ、プロにお任せするとなると、やはり気になるのが費用面です。

しかしながら最近は、体験脱毛でワキや腕、背中など、
特定の部位の施術を安価で試すことができるサロンが多くあります。

意外と格安料金で脱毛してもらえるところがたくさんあるので、
一度利用してみてはいかがでしょうか?






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。