脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

もみあげ・襟足の脱毛方法・注意点

2012年5月23日 Posted in 体の場所ごとの脱毛

■もみあげ・襟足の脱毛


自分ではなかなか上手に脱毛処理ができない場所の一つに、
もみあげや襟足の脱毛があります。


もみあげはどこまで整えれば理想的なのか、分かり難い箇所でもあります。

またカミソリなどで自分で処理をしていくと、左右のバランスが悪くなり、
どんどん剃っていってしまうっておかしなことになったりします。


医療レーザー脱毛や美容光脱毛などで処理をする場合は、
サロンでよく相談をして、キレイなもみあげになるように
イメージを膨らませて共有することがとても大切
になってきます。


一方、襟足の脱毛は、とくに長い髪の人は気になるのではないでしょうか。


髪を結い上げてアップスタイルにするときなど、
襟足の脱毛をしておくと、うなじがきれいに見えていいですよね。


夏の浴衣スタイルなどでアップヘアにするときにも、
襟足をキレイにしておくと女度もアップすると思います。


ただし、襟足も、一人で脱毛をするのはかなり難しい箇所です。

キレイな形作りをするためにも、美容クリニックやエステサロン、
それに脱毛サロンなどで脱毛をする方がいい
ですね。


キレイな襟足を手に入れるために、事前に理容店などで剃ってもらうと、
よりキレイなラインで脱毛することができるのではないでしょうか。




→ 「コスパ良すぎ」の脱毛サロンランキング


■もみあげ・襟足の脱毛の方法・注意点


もみあげの長さや形で比較的顔の印象が変わってきます。


濃いもみあげはやや男性的な印象になるということで、
女性がもみあげの脱毛を希望するのは、
「もみあげを薄くしたい」という希望の方が多いです。


長さ自体は美容院などでも調整が出来ますが、
濃さというとやはり医療レーザー脱毛や美容光脱毛で、
脱毛をするのがいい
と思います。


その際の注意点として


理想とするもみあげのラインをしっかりと把握する
脱毛を担当するスタッフとしっかりとイメージを共有する
完全に脱毛するよりうぶ毛を残し自然な感じにする


ということなどが大切になってくるのではないでしょうか。


襟足は首の後ろの部分ですので、皮膚も弱く痛みにも弱い部分です。
美容電気脱毛などで脱毛をするとかなり痛みがあるといわれています。
医療レーザー脱毛や美容光脱毛でもやや痛みはあるようです。


カミソリなどの自己処理は、
神経や血管などが通っておりとても危険なので行わないほうがいい
ですね。
理容室などで一度理想とするラインを作ってもらうのがいいと思います。


襟足のラインをきれいにするためには、
髪が長くなっている部分から2センチほどうぶ毛は残して脱毛をすると、
きれいに見える
といわれています。


 → もみあげ・襟足の脱毛が可能な人気サロンはこちら



【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。