脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

足の甲・指の脱毛方法・注意点

2012年5月21日 Posted in 体の場所ごとの脱毛

■足の脱毛


一年を通して初夏から初秋にかけてというのは、
ミニスカートやホットパンツなどのショート丈のボトムスをはきたい。

そんな風に思う女性は多いですよね。


それに足元はミュールやサンダルなんていうスタイルも、
夏ならではのアイテムです。


そんな夏のアイテムを着こなすとき、どうしても気になるのは、
足のムダ毛になるのではないでしょうか


足と言ってもかなり広範囲ですよね。


安易にカミソリや毛抜きで脱毛をしてみようと思うと、
黒ずみや色素沈着、また埋没毛ができやすいので危険
です。


とくに膝頭などはぶつぶつになりやすい箇所でもありますよね。


この範囲の脱毛をするには、やはり広範囲を一気に脱毛することが可能な、
エステサロンや脱毛サロンの美容光脱毛やフラッシュ脱毛、
また美容クリニックの医療レーザー脱毛がお薦めです


美容光脱毛や医療レーザー脱毛には美肌効果を持つものもあります。
脱毛と美肌の両方を一気に手に入れることができるのは嬉しいですよね。


しかし、自宅で気軽に脱毛をしたいという人なら、
家庭用の脱毛器をおすすめ
します。


サーミコンタイプの脱毛器などは、手軽に処理ができ、
さらにお肌には傷をつけることがないので広範囲の脱毛をするにはお薦めです


しかし、やはり太ももの裏やふくらはぎなどは自己処理ですと、
処理ムラがでできやすいので注意が必要です。


■足の甲・足の指・カニ毛の脱毛方法・注意点


足の脱毛というとどうしても膝やスネの脱毛ばかりを気にしますが、
サンダルやミュールを履く季節には足元のムダ毛も気になりますよね。


足の甲や足の指のカニ毛はとても気になると思います。

まぁ、そんなに本数も多くないし、ちょっと毛抜きで抜いてしまえば。
と安易に抜いたりかみそりで剃ってしまうとかなり危険です。


この部分の皮膚というのはかなり弱いものになっています。
カミソリや毛抜きでの脱毛は皮膚に大きなダメージを与えます

さらに、この部分の皮膚を傷めると、歩行が困難になることもあります


またサンダルやミュールを履く機会が多い季節では、
脱毛後に日差しによってダメージをさらに強めてしまう
ということが多いようです。


特に足の指は、皮膚の真下の神経系や血管、また骨も近い場所です。

毛抜きで抜くのもかなり痛みを伴いますし、
エステサロンなどでの脱毛処理でも痛みが大きい場所とも言われています。


美容光脱毛やフラッシュ脱毛、医療レーザー脱毛での脱毛をするのであれば、
必ず処理後の冷却と保湿をしっかりと行ってくれるサロンを選ぶ必要があります。

また、本数が少ないので、美容電気脱毛での脱毛もお薦めです

サロンなどで脱毛をする際、サロンから帰宅するさいや1週間ほどは、
サンダルやミュールなどは控え、脱毛箇所を
日差しにあたらないように保護する必要があります。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。