脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

VIOラインの脱毛の方法・注意点

2012年5月21日 Posted in 体の場所ごとの脱毛

■VIOラインの脱毛


最近は室内プール施設や日帰り温泉施設が増えたことで、
季節に係わらずムダ毛を気にする人が増えてきましたね。

とくに女性の中ではVIOラインの脱毛を気にする人が増えてきました。


しかし、具体的にVIOラインというとどの部分を指すのか
いまひとつよく分からないという人もいると思います。


Vライン ... いわゆるビキニライン

Iライン ... 股の間のライン

Oライン ... 肛門周辺


といわれています。


この部分はVIOラインの脱毛のほかにも、
ハイジニーナ脱毛やブラジリアン脱毛と言われることもあります


ハイジニーナとは、Hygime(衛生的)という言葉を由来として、
VIOラインの脱毛をすることでデリケートゾーンが衛生的に保たれている
という意味があるそうです。


ブラジリアンとは、Tバック発祥の国ともいわれているブラジルの国名を取り、
きわどいTバックビキニなどを着用するときにVIOラインの脱毛を行うから、
という意味があるそうです。


VIOラインを脱毛しておくと、生理時にムレるのを抑制したり、
経血やおりもの、また排泄物などが陰毛に付着することが防げ、
衛生的にすごすことができる
ことからも人気が出ています。


また、流行のローライズファッションをはじめとした、
Tバックビキニや下着を着用するときにも陰毛を気にしないですむ
という利点があるようです。




→ 「コスパ良すぎ」の脱毛サロンランキング



■Vライン・Iライン・Oライン脱毛の方法・注意点


VIOラインはもともと女性にとってはとてもデリケートな部分でもあります。

カミソリや毛抜きなどで脱毛処理を行うと、お肌に良くありませんし、
処理後、生え始めにはチクチクしたりしてさらに不快感が増してしまいます。


ですが、完全に脱毛してしまうと、人によっては肌への負担が高くなります。

もともと、このデリケートゾーンの陰毛は、あるべくしてある体毛です。
体毛によってさまざまな物からデリケートゾーンを保護しているのです。


また、女性器の見え方なども変わってくるので、注意が必要です。


ですから、プロの方にキレイな形でうまく脱毛してもらうのが良いでしょう。


VIOラインの脱毛を行うには、やはりエステサロンや美容クリニック、
また脱毛サロンなどの美容光脱毛(フラッシュ脱毛)がお薦め
です。


とくに、「ハイジニーナ脱毛やブラジリアン脱毛を行っている」
と明記してあるサロンで行うのが安心です。


自分ではなかなか見えづらい部分でもあるので、
自己処理による脱毛は難しく、またお肌の負担にもなるので、
控えたほうがいい
と言われています。


キレイに処理してもらえる脱毛サロンでお試ししてみるといいでしょう。

スタッフの方は毎日処理をして慣れているので、
恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ!


 → VIOラインの人気脱毛サロンはこちら



【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。