脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

おなか・へそ周りの脱毛の方法・注意点

2012年5月14日 Posted in 体の場所ごとの脱毛

■おなかのムダ毛と脱毛

おなか周りは普段は見えにくい部分ではありますが、
意外と女性は普段からおなか回りの無駄毛を気にしていますよね。
特にムダ毛が濃い人にとっては深刻な問題です。


しかしながらそう思いつつも、普段は見えない部分だからと、
いい加減な処理をしていませんか?


普段は見えない部分であれど、夏場などはビキニを着用することもありますよね。
カミソリなどで自己処理を済ませてしまう人も多いでしょうが、
おなかの部分がカミソリで炎症を起こしてブツブツの状態になってしまっていたら、
それこそビキニ姿になるのが嫌になりませんか?


ビキニ姿の時だけではありませんよ。
服を着ている時も、腕を上げた時に服が上がって、
おなかが見えてしまうこともあります。


そんな時にブツブツしたおなかが見えてしまうことを考えると、
とっても恥ずかしいですよね。


確かに、カミソリなどは手軽でコストもかからないので、
その場しのぎにはいいかもしれませんが、
剃っていくうちに角質がはがれて炎症を起こしてしまう可能性が高いので、
お肌にとってはかなりのダメージのもととなってしまいます。


また、埋没毛(埋もれ毛)などになることもあるので、あまりお勧めできません。


おなか回りのお肌は敏感な部分なので、ダメージを与えないためにも、
家庭用脱毛機やエステ脱毛などを利用することをお勧めします。


■おなか・へそ周り・へそ下の脱毛方法・注意点


ムダ毛の処理は面倒なことではありますが、
女性にとっては身だしなみの一つでもあるので、
やはり、日々キチンとケアしていきたいですよね。


腕や脚は目立つ部分なのでエステ脱毛家庭用脱毛機などを利用していても、
おなかやへそ周りはカミソリで済ませている人が多いですが、
この部分はとても柔らかく、デリケートですから、
腕や脚以上に皮膚トラブルを引き起こす可能性が高いので、
是非とも、これからはエステ脱毛などを利用してください。


脱毛エステで施術をすることにより、いろいろなメリットがあります。


例えば、自己処理よりも仕上がりがとてもきれいであることはもちろんですが、
自己処理の手間が省けたり、自己処理によって傷んだ肌が回復したり、
お肌がキレイになるので露出度の高いファッションも楽しめたりできますよ。


しかしながら、おなかやへそ周りの脱毛の際は、注意点もあります。


施術直前にカミソリや毛抜きで自己処理をしないこと、
日焼けをしないこと、へそピアスなどは外しておく、などが挙げられます。


あと、サロンによっては保冷剤を当てて施術をすることもあるので、
生理痛がひどい時の施術は避けるようにしたほうがいいですよ。


また、おなかの毛の質や量で、施術中の痛みの感じ方は人によって異なるので、
心配な場合は、各サロンで無料カウンセリングを受け付けているので、
一度、相談してみてから、決めると良いでしょう。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。