脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

へその下の毛を脱毛する方法

2013年12月 4日 Posted in 体の場所ごとの脱毛

■へその下の毛を脱毛する方法

へその下の毛というのは意外に女性でも生えている人は
多いそうです。


最近では男性でもへその下の毛を気にしているという人も
いるくらい、体毛の中では気になる毛の一つですよね。


へその下というのは皮膚が柔らかく、とてもデリケートば部分
でもあります。


この部分の体毛をカミソリなどで処理をするというのは、
お肌のためを考えると避けた方が良い
と言われています。


皮膚を傷つけてしまうこともありますし、カミソリ負けで
お肌が荒れてしまうこともあります。


この部分はショーツやパンツなどのベルト部分が当たりやすい
部分でもあるため、もともと摩擦などが激しく皮膚自体が
ダメージを受けているケースも多いそうです。


また、カミソリなどで処理をすると埋没毛や色素沈着など
の原因になる炎症なども起こりやすいそうです。


へその下の毛は意外に太い毛も多いため、抑毛ローション
などで気長に処理をするのも難しい
そうです。


へその下の毛を脱毛するのであれば、やはりレーザー脱毛
もしくはフラッシュ脱毛での脱毛がお勧め
になります。


レーザー脱毛もフラッシュ脱毛もお肌にはダメージを与え
にくい脱毛方法です。


このようなお肌にダメージを与えにくい方法で脱毛する
ことをお勧めします。




■へその下の脱毛はどこでやるの?

気になるへその下の脱毛ですが、どこで行えばいいのか
という点も気になりますよね。


へその下の脱毛であれば、家庭用脱毛器を使用して自分
の自宅で脱毛をする方法も可能ですし、クリニックや
エステサロンなどに通って脱毛をする方法もあります。


家庭用脱毛器にはレーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器
などもあります。


へその下であれば自分で目で見ることが出来るために
家庭用脱毛器を用いて自己処理で行うことも良い
思われます。


気を付けたいのは、施術前と施術後にはしっかりと保湿
行い、脱毛器の説明書を熟読して施術を行うという
ことになります。


間違えた方法で施術を行うとお肌のトラブルが起こる
危険性があります。


自分で行うのは怖いということえあれば、クリニックで
レーザー脱毛を受ける、またはエステサロンや脱毛
サロンでフラッシュ脱毛を受けるといいようです。


へそ下は比較的痛みを感じやすいとも言われれいますので、
痛みがあまりないフラッシュ脱毛がおすすめだと言われて
います。


エステサロンのフラッシュ脱毛などでは脱毛プラス美肌
に力を入れているサロンも多い
ので、お肌もキレイに
なることが出来るケースも多いようです。


お腹周辺はデリケートな部分ですので、できればプロの
施術で脱毛を行うことが望ましいようですので、検討して
みてください。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。