脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

乳輪の毛はどう処理すればいい?

2012年11月 8日 Posted in 体の場所ごとの脱毛

■乳輪の毛はどう処理すればいい?


普段人に見られることの少ない部位の脱毛はすごく悩むと思います。
VラインやIラインなど、いわゆるデリケートゾーンよりも見られない場所
というと、乳輪の付近ではないでしょうか。


乳輪にムダ毛なんて普通生えているのか?
私だけだったら恥ずかしい。


と思う人もいるかもしれませんが、案外多くの人が同じような悩みを
持っているようです。


乳輪回りのムダ毛は抜いちゃっている。
という人も案外多いようですが、この方法は"埋没毛"といって、
皮膚の下にムダ毛が埋没してしまうことがあるので注意が必要です。


また色素沈着と言って、黒ずみが起こることがあります。
乳輪回りが黒ずんでしまうのは、やはり女性としては避けたいですよね。


剃刀での剃毛もやはりとても危険な行為といえます。


乳輪周りの皮膚はとてもデリケートで、また凹凸の激しい箇所
でもあります。
剃刀で皮膚を傷つけてしまうと、大変ですよね。


さらに、傷をつけてしまったことで炎症を起こし、皮膚科へ受診する
ことになってしまう。
ということはとても避けたいですよね。


やはり、乳輪回りのようなデリケートな部位の脱毛は、
プロであるエステサロンや脱毛サロン、またクリニックなどで
脱毛処理をするのがベスト
です。





■乳輪の毛の脱毛できる?


乳輪周りの脱毛といっても、どのように行うのか、本当に脱毛可能なのか
心配になると思います。


よく光脱毛やレーザー脱毛は毛の黒いメラニンに反応すると
言われています。
乳輪というのは、他の皮膚に比べると色がついているところですよね。


この色が付いている箇所に光脱毛の光やレーザーを当てても
大丈夫なのでしょうか。


結果を言うと大丈夫ということになります。


エステサロンや脱毛サロン、またクリニック系のサロンでは、
脱毛部位に合わせて光やレーザーの出力を抑えることで、
肌に負担をかけずに脱毛を行うことが出来るようになっています。


皮膚に負担をかけることなく脱毛をすることが可能になっています。


また、光やレーザーではなく、電気針による脱毛、ニードル脱毛
と呼ばれている方法での脱毛も可能
です。


ただし、乳輪回りというのはかなり過敏な部位でもあります。


他の部位の脱毛を行って痛くなかった。
という人でも、もしかしたら乳輪回りでは痛みを感じることもある
かもしれません。


ただ、光脱毛などでは、美肌効果もあることから、
脱毛+美しい肌のバストを手に入れることができる

とも言われています。


ちょっと痛いかも・・・というリスクはありますが、
美バストを手に入れるために乳輪の脱毛をするのも
いいのではないでしょうか。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。