脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

へそ周りのムダ毛処理・脱毛

2012年6月10日 Posted in 体の場所ごとの脱毛

■へそ周りのムダ毛処理方法

夏になると、丈の短いTシャツやタンクトップを着たり、
ビキニを着たりするので、へそを人に見られることになります。
普段、人に見せる部分ではないだけに、よく見ると汚れていたり、
ムダ毛が生えたりしていませんか?

顔や髪形がバッチリ決まっていて、ワキや腕、脚のムダ毛の処理も完璧なのに、
へそ周りにムダ毛が生えていたら台無しです。
へそ周りのムダ毛も、他の部分と同じように手入れしたいものですが、
無理に抜いたりするとお腹に刺激を与えてしまい、
お腹の具合が悪くなる
こともあります。

また、普段外に出ている部分ではないので、肌も刺激に弱く、
カミソリで剃ったり、ワックスやクリームを塗ったりすると
肌荒れを起こすこともよくあります。

特に、剃ってしまうとどんどん毛深くなっていって、
最初は産毛程度だったものが、陰毛のように太い毛が
生えてくるようになるとも言います。

色素沈着もしやすい場所なので、自己処理を続けると
黒ずんでくることもあるので注意が必要です

へそ周りのムダ毛処理方法として一番のおすすめは、
エステサロンでの処理になります。
ほとんどのエステサロンの脱毛メニューのなかに
「へそ周り」というコースがちゃんとあるので、ぜひ利用しましょう。


■へそ周りの脱毛

へその周りの毛は、産毛がほとんどですが
何本か濃い太い毛が生えることがあります。

ホルモンのバランスで濃い毛が生えてくるとも言われていますが、
水着やへそを見せるファッションをする時は、とても気になることです。
目立たないようにしようと、毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったりすると
毛穴が黒ずむことがあります。

へそ周りはデリケートゾーンなので、除毛クリームや除毛テープは刺激が強く、
炎症を起こして赤くなることもあります。
何度か続けると痛みが強くなることもあります。

そうならないために、永久脱毛をする人が多くなっています。
永久脱毛をする方法として家庭用脱毛器と、エステに行く方法とあります。

エステの場合は、デリケートな箇所やへそ周りなどは
脱毛ができないサロンがあるので、ホームページや電話で
確認してから行くようにしましょう

エステで永久脱毛をする時、脇など濃く太い毛の場合は、
毛の生える周期の関係で埋もれ毛などもあるので、
1年以上施術をすることがあります。

しかし、へそ周りは産毛が多いので、数回の脱毛で終わることが多いです。
エステによっては、他の部分とセットで脱毛ができる
お得な料金設定もあります。

家庭用脱毛器もへそ周りに使用できない機種もあるので、
購入の際にはしっかり確認するようにしましょう






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。