脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

毛膿炎(もうのうえん)の原因と解決方法

2012年5月25日 Posted in トラブルの対策

■毛膿炎(もうのうえん)の原因とは?


毛嚢炎とは、カミソリなどで自己処理をした際に肌が傷ついたり、
毛根が広がってしまった場合、そこから細菌が侵入することがあり、
その結果、毛根の周りが炎症を起こしたり化膿したりする症状のことを言います。


その原因としては、ムダ毛処理をした環境や
処理に使った器具などが不衛生だったりすること
が挙げられます。


毛嚢炎は、皮膚が長時間湿っている状態になると発生しやすくなるので、
お風呂でのムダ毛処理は、当然ながら毛嚢炎になる可能性が高くなります


毛嚢炎になってしまうと、いずれ
その部分がシミとして残ってしまうこともあります


そうならないためにも、ムダ毛処理をする前後は、
器具などの消毒をしっかり行いましょう


毛嚢炎は、毛穴から菌が入り込むことで起こってしまうので
毛穴・毛穴まわりを清潔にしておくと、
発生する可能性はおのずと低くなります



→ 「コスパ良すぎ」の脱毛サロンランキング


■毛膿炎・毛包炎の解決方法


毛嚢炎・毛包炎になる原因・なりにくい方法は先に書きましたが、
すでに毛嚢炎になってしまっている場合はどうすればいい?」でしょうか。


毛膿炎は、ムダ毛処理で毛包に傷がついた時や、長時間、皮膚の湿った状態が続いた時、
また ステロイド薬などを塗っている時など、毛包にブドウ球菌が感染して起こる病気です。


見た目はニキビと良く似ていますが、
ニキビとは違い 炎症が軽いことがほとんどなので、
軽度の場合は、特に治療の必要なく完治するケースがほとんどではあります。


ですが、軽度とはいえ、炎症している部分は、消毒などをして、
出来る限り清潔にしておきましょう


しかしながら、毛嚢炎の症状が多数あったり、
痛みや腫れがひどい場合は、医師に相談する必要があります


治療法としては、抗生物質、抗菌薬などの服用や、
抗生物質の軟膏を塗るなどがありますが、
膿がひどい場合は、切開することもあります。


ほとんどの場合は、軽度の症状で自然治癒するとはいえ、
お肌にダメージを与えていることには変わりありませんが、
ひどい場合は早めに病院に行って診てもらいましょう。


尚、自分で行うムダ毛処理は手軽でコストもかかりませんが、
繰り返して何度も処理をしないといけないので、
その分、肌トラブルが起こる可能性も高くなってしまいます。


カミソリやシェーバー、毛抜きなどで処理すると
毛膿炎などのダメージを引き起こす可能性がある
ので、
あまりお勧めすることはできません。


そうならないためにも、ジェルやエステなどでのケアをオススメします


これらを使えば、ムダ毛処理による毛膿炎などの肌トラブルを避けられますし、
キレイな状態でずっと過ごすことができるようになります。


 → 肌にやさしい抑毛ジェルはこちら


【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。