脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

ムダ毛が埋没してしまった時の対処法

2014年7月 7日 Posted in トラブルの対策

■ムダ毛が埋没してしまったときにはどうしたらよいの?

お肌のお手入れをしている時にふと見ると、お肌の中に
ムダ毛が埋もれているのを見つけてしまった。ということは
ありませんか?


見た目にちょっと気になるこのムダ毛の埋没、このような
ムダ毛を埋没毛といいます。


埋没毛を見つけたら気になってほじくり出して出血させて
しまったということがある人もいるかもしれませんが、これは
絶対にやってはいけません。


肌を傷つけてしまうということはもちろんですが、傷口から
雑菌が入り込んでしまうと化膿してしまうこともあります。


また傷がついて炎症が起こると、今度は色素沈着といって
お肌に傷跡が残ってしまうこともあります。


色素沈着が起こってしまうと最悪の場合には将来消えない
傷跡になってしまうこともあります。


埋没毛は基本的にはしばらくすると老廃物として分解されて
排出されてしまいますので、放置しておくことが大切です。


気になるかもしれませんがそっとしておきましょう。


自分で出来ることといえば、保湿ケアをしっかりとしておくこと
になります。


つまり、お肌を健康な状態にしておくことです。


ターンオーバーが正常に行われることによって、埋没毛の
排出も早く進む
と考えられています。


それでも気になるという事でしたら、美容皮膚科などに行って
相談をしてみるといいかもしれませんね。




■ムダ毛を埋没させないためには?

そもそもこのムダ毛の埋没ですが、埋没毛の対策は基本的に
ないと言える状態であることはわかると思います。


ですから、できないようにすることの方がとても大切です。


では、ムダ毛を埋没させないためにはどうしたらよいのでしょうか。


まずはムダ毛処理の方法を見直してみましょう。


カミソリや毛抜きなどによっての自己処理をしているということは
ありませんか?


じつはこのカミソリや毛抜きによるムダ毛の自己処理が埋没毛
の最もおおい原因になっているそうです。


カミソリで毛を剃るという方法のムダ毛処理では、どうしても
深剃りをしてしまう人が多いと思います。


この深剃りによってムダ毛が毛穴の奥でカットされてしまうと、
ムダ毛が伸びてくる前に毛穴がふさがってしまって毛が
毛穴の中に閉じ込められてしまいます。


毛穴の中のムダ毛ですが、実はカミソリでカットすると毛先が
鋭利な状態になっており、毛穴の側面を突き抜けて伸びてしまう
ことがあります。


すると皮膚の中に毛が横に生えてしまうというムダ毛の埋没が
起こる
ことになります。


毛を抜いた時というのはどうでしょうか。


毛を抜いた時に全部抜ければよいのですが、途中で切れて
しまうこともあります
よね。


この時に途中で切れて毛の先というのも断面が鋭利な状態です。


つまり、カミソリで毛を剃った時の断面と似たようなものですから、
横に毛が伸びてしまいます。


このような事を考えると、カミソリでの深剃り、毛抜きによる抜毛
は行わないようにするということが大切
ではないでしょうか。




【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。