脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

埋没毛の対処法とは?

2012年9月22日 Posted in トラブルの対策

■埋没毛の対処法とは?


時折皮膚の中に埋まるようにして毛が生えていることがあります。
この毛の状態を埋没毛といいます。


埋没毛は無理な自己処理によってムダ毛を処理した際に起った
さまざまなトラブルによって起こるものと言われています。


毛抜きでムダ毛を抜いてしまったり、剃刀で剃毛をしてしまうということが
よくありますが、これが埋没毛の原因になっています。


埋没毛は毛抜きで毛を抜いたさいに途中から切れてしまったり、
剃刀で剃ったときに切れた毛があるのにもかかわらず、何らかの原因
で毛穴が閉じてしまい、皮膚の中に残ったまま成長したもの
です。


そこに見えているのに、実際には皮膚の中にあるために取り除くことも
出来ず、無理に取り除こうとすると、皮膚を傷つけてしまうことにもなります。


埋没毛は放置をしておいても自然に治ることの方が多いのですが、
極稀に毛膿炎といって不衛生な環境でムダ毛の自己処理をした際に、
細菌が侵入して炎症を起すという症状が起ることがあります。


また無理に埋没毛をほじくりだしたせいで炎症がひどくなるということも
あります。


最もよい埋没毛の処理方法は、皮膚科や美容外科、形成外科などの
専門医に相談をして、レーザー脱毛の機械などで埋没毛の部分を
取り除く
ということになります。





■埋没毛を避けるための脱毛


埋没毛を避けるための脱毛方法というのは、やはり安易な自己処理を
行わないことになります。


毛抜きや剃刀での自己処理では、どうしても毛穴の奥には毛が残った
状態になりやすく、そのために埋没毛が発生しやすくなります


また、このようなムダ毛処理の方法は、皮膚を傷つけることも多く、
埋没毛だけではなく、さまざまな肌トラブルにつながるため、
できれば避けたほうがいい方法になります。


もし、自己処理でということでしたら、脱毛クリームや抑毛ローションなど
を使用する方が安全に脱毛を行うことが出来ます


肌トラブルを起こしにくく、埋没毛も起こり難い脱毛法は、やはり
専門のエステサロンや美容外科や形成外科などの専門医に
脱毛処理をお願いするのが一番安全
です。


エステサロンよりはさらにメディカル系のサロンに行く方がベストとも
いわれていますが、そのあたりは値段や相性にもよりますし、
脱毛をしたい部位によっても変ってくると思います。


また、皮膚がもともと強い人や弱い人など、体質によっても変わって
くるので、まずはどのようなサロンに行けばいいか、脱毛体験などに
行って吟味してみるのが一番いい方法です。


安易な自己処理で余計なトラブルを起こす方が、金銭的にも精神的にも
負担が大きくなることがあるので気をつけましょう。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。