脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

多毛症のチェック

2012年9月21日 Posted in トラブルの対策

■多毛症のチェックポイント


毛深いことで悩む女性は割と多くいると思います。
中には病的に体毛が多く濃い人もいます。
この病的に体毛が多く濃い症状を多毛症といいます


多毛症かどうかを判断するのは基本的には専門医になりますが、
その診断はどのように行われるのでしょうか。


一つのチェックは、視診によるものです。
硬く太い毛がどの部位にどの程度生えているのかを診て行きます。


上唇・下唇・あご・胸・背中・お腹・腕・ふとももなど、女性ではあまり
硬く太い毛が生えない部分にどの程度硬く太い毛があるかを点数化
していき、合計がある点数以上になると多毛症と診断されます。


つまり、多毛症の場合はただ毛深いのではなく、硬くて太い毛が、
本来生えていない場所に生えている状態
です。


通常であれば、男性のみに生えている硬くて太い毛が女性にも生えて
きているという状態で、柔らかい毛が密生している状態は、普通に
毛深い状態です。


この硬くて太い毛、例えるなら眉毛や睫毛のような毛です。


この視診以外にも多毛症をチェックできるのは血液検査になります。


もし自分で硬くて太い眉毛や睫毛のような毛が女性では生えていない
ような場所に生えている。と気になるようでしたら、
婦人科で血液検査をすることで分かります。


 → ムダ毛に悩まなくて済む! 脱毛サロンはこちら


■多毛症だった・そうではなかった場合の対処法


視診や血液検査などで多毛症であったことが分かった場合、
実はそのほかの疾患が隠れていることがあるので、婦人科での
しっかりとした診察が必要になってきます。


実は多毛症の原因として、皮膚の男性ホルモンに対する感受性が
高まることで、突発性で起っている割合が50%ありますが、
卵巣の病気だったり腫瘍が原因である場合があります


この原因を解明するためには、婦人科で卵巣の状態をエコーで
診察することで判明します。


多毛症の原因の約40%をしめる多嚢胞性卵巣症候群と呼ばれている
特殊な卵巣の疾患だった場合は、ピルをはじめとする投薬の治療で
少しは良くなっていくといわれています。


しかし、多毛症の原因の約10%程度で卵巣や副腎、脳下垂体に
腫瘍があることによるものだといわれています。
この腫瘍があることが分かると手術で取り除く必要が出てきます


ホルモンバランスの異常で起る多毛症や多嚢胞性卵巣症候群の
場合は、投薬と共に形成外科で脱毛をするという治療が主になる

と言われています。


多毛症ではなかった場合、治療することはありませんが、気になるよう
でしたら、やはり脱毛専門のサロンやエステサロンや美容形成外科
などで脱毛処理をしてもらうといいですよね。


 → 人気の脱毛サロンはこちら





【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。