脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

じんましんやアレルギーのある人のムダ毛処理方法

2012年6月19日 Posted in トラブルの対策

■じんましんのある人向けのムダ毛処理方法


様々なことが原因で、肌に痒みを伴うブツブツが現れることを
"じんましん"と言います。
青魚や卵、牛乳やチーズなどの乳製品や、
蕎麦など特定の食べ物を食べて出ることが多いと言われています。

その他に動物の毛や、昆虫、
金属など外的要因によって出ることもありますし、
太陽の光や温度変化、擦ったり引っ掻いたりという
刺激を肌に感じたときにも反応することがあります。

じんましんのほとんどは、原因がわからないことが多いため、
皮膚に直接刺激を与えるムダ毛処理をするのは、大変難しいことです。
じんましんが出やすいからムダ毛処理はできないと、
初めから諦めている人は多いようです。

意外と知られていないことですが、実はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は
肌トラブルを起こしやすい人にもおすすめの脱毛法
です。
レーザーやフラッシュによる脱毛は、
肌を通り越して毛根部分にある毛を作り出す組織に直接作用するため、
肌への負担はほとんどないに等しいと言われています。

ただし、肌にじんましんが出ている時に施術を受けると、
その部分にレーザーやフラッシュが反応して悪化ことがありますので、
じんましんが治まるまで待ってから施術を受けるようにしましょう


■アレルギーの人向けのムダ毛処理方法


アレルギーの人は、自分が何に反応をしてアレルギーがでてしまうのか
分からないと脱毛の方法がみつかりません。
分からずに脱毛をすると、
肌トラブルを起こしてしまう可能性が高くなります。

ムダ毛の自己処理をする時に、カミソリで剃ったり
毛抜きで抜いたりすると炎症を起こしてしまう原因になります。
炎症が酷くなると、痛みやかゆみにつながります。

アレルギーの人の脱毛は、医療機関やエステサロンで
永久脱毛をするとムダ毛処理をしなくてすむようになります

永久脱毛は、1回の施術をすればムダ毛がなくなるわけではありません。
毛の周期によって、埋もれていた毛が数カ月で生えてきますので、
数か月に1回は定期的に施術をします。

アレルギーのある人は、肌にトラブルが起きた時に
すぐに症状を見てもらえるため、医師がいる医療機関の方が
安心して脱毛を進められます

レーザー脱毛は、レーザーを照射すると肌を通り越して、
毛根や毛乳頭のメラニン色素にのみ反応をして破壊します。
肌に影響を与えないので、レーザー脱毛は
アレルギーの原因となるものを引き起こす心配がありません。

ただし、炎症が酷い時や、色素沈着を起こしていると
その部分にレーザーが反応することもあるので、
肌の調子がいい時に脱毛をすることをお勧めします






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。