脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

敏感肌やアトピー肌の人のムダ毛処理法

2012年6月 7日 Posted in トラブルの対策

■敏感肌の人向けのムダ毛処理方法

ワキや腕、脚のムダ毛の脱毛法にはいろいろな方法がありますが、
肌が敏感な人が安易に脱毛をしてしまうと、
肌トラブルを起こす原因
になってしまいます。

まず、カミソリによる処理は、毛を剃るのと一緒に皮膚の表面も
削ってしまうので、肌に負担がかかります。
肌が弱くない人でも赤くはれてしまったり、
黒ずんでしまったりすることがあるので、敏感肌の人には不向きです。

脱毛クリームや脱毛ワックスの場合も、皮膚全体に塗るものなので、
肌トラブルのもとになります。

エステサロンでの脱毛は、脱毛後に肌をトリートメントしてくれるので、
肌への負担が少ないと言われますが、これはあくまでも
普通の肌の人を対象とした場合です。

脱毛自体は肌にそんなに負担をかけていなくても、
エステサロンではジェルやローションを使用するので、
それらが肌に合うかどうかが問題です。

また、敏感肌の人のなかには、機械の金属部分や光、
熱などにアレルギー反応が出る人や、タオルや着衣まで
肌に合わない人もいるので、一概にいいとは言えません。

脱毛方法の中で、一番敏感肌に合った方法は、
医療レーザーによる脱毛です。

レーザーは照射すると皮膚を通り越して、
毛根や毛乳頭の部分に作用するため、
アトピー体質の人でも安心して施術を受けることができます


■アトピー肌の人向けのムダ毛処理方法

アトピーが酷い人だと、ムダ毛の処理をカミソリで剃ったり、
毛抜きで処理をしたりすることも炎症を起こす原因になってしまいます。

自己処理をしていくとますます炎症が酷くなります
そのままだと悪循環で肌に負担が大きくかかります。

みんな肌が強く、自己処理をしている人や、
永久脱毛をしてトラブルが起こらない人ばかりではありません。
肌が強い人でも脱毛後ケアの仕方が悪ければ
炎症を起こすこともあります。

アトピーの人が永久脱毛をする場合、
炎症が酷い時や色素沈着を起こしている時は、
炎症や色素が消えるまで脱毛できませんが、
肌の調子がいい時にすれば、大丈夫です

アトピー肌の人は、医療機関で相談をしながら
脱毛することをお勧めします

永久脱毛はフラッシュやレーザーといったタイプがあります。
医療機関に多いのがレーザー脱毛ですので、
そちらの方がおすすめです。

脱毛は、1回やればムダ毛がなくなるわけではなく、
数か月に1度は照射をします。
定期的に施術を行うため、肌にトラブルが起きた時に
すぐ対応してくれる医師がいれば、安心して脱毛をすることができます。

自己処理をして炎症が酷くなると、かゆみが酷くなることもあります。
永久脱毛をして、自己処理をしなくなるようになれば
かゆみが軽減されることにもつながります。






【 重 要 】

脱毛するなら、どのサロンが「良質」なのか?
今 口コミやみんなの評判で、脱毛サロンはどこが圧倒的人気なのか?

ムダ毛で悩んでいる人は下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。