脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

脱毛エステでじんましんが出た!どうする?

2014年10月 7日 Posted in トラブルの対策

■脱毛施術後、じんましん!?

お肌には優しいと言われている脱毛サロンの光脱毛ですが、
中には体質に合わないという方もいます。


例えば光アレルギーを持っている方などは施術のあとに
お肌のトラブルが起こってしまうことがあります


それ以外にも体調などによって肌トラブルが起こることがあります。


肌トラブルの中でも怖いのがじんましんです。


じんましんが出るというのはアレルギー症状であることがおおく、
もしかしたら今まで知らなかったアレルギーが脱毛によって
発症してしまった可能性もゼロではないということになります。


光アレルギー以外にも、ジェルなどに含まれている成分で
アレルギーが出てしまうことだって考えられる
んですよ。


もし、じんましんがでて状態が酷いようでしたらすぐに皮膚科
の医師に受診するようにしましょう


その際に余裕があれば脱毛サロンにも連絡を入れておきます。


逆にじんましんが出ても状態が酷くないのであれば、脱毛サロン
に連絡を入れてから医師の受診をするという方法と取った
方がいいケースもあります。


脱毛サロンに連絡をした方がいいというケースは、脱毛サロン
の中には提携医師がいて、基本的にはその医師の診断を
必要としているケースがあるからです。


提携医師への受診は無料で行うことが出来るケースも
ありますので、症状がひどくない場合にはサロンに申告をして
提携医師に受診をしてみましょう




■アレルギーの原因を確認しよう

じんましんはアレルギー症状で起こることが多いので、
皮膚科でアレルギー検査をしてアレルギーの原因を
確認するということは大切です。


一度だけならあまり問題がないのでは?と思いがちですが、
じんましんが出るようなアレルギーの場合には、重篤な
症状に発展してしまうことがあります


脱毛のように繰り返し施術が必要になるものでアレルギーが
発症した場合は、繰り返すごとに重篤なアレルギー症状
が発症することがあります。


最初は部分的なじんましんだったものが、広範囲に広がって
しまうこともありますし、身体の中側、特に気道などにじんましん
が出てしまうと呼吸が困難になってしまうこともあります。


まずはアレルギーの原因を確認して、脱毛施術によって
アレルギーが発症しているのかどうかを確認しましょう


もし、アレルギー症状が脱毛施術によって起こっているもの
であるのであれば、脱毛を続けることは避ける必要が
あります。


脱毛サロンとよく相談をして解約をするなどの措置をとる
必要も出てきますよね。


このような相談をすることになる可能性もありますから、
じんましんが出た時には必ず脱毛サロンに連絡を入れる
事が必要
になってきます。


アレルギーなどはどうしても発症してみないと分からない
ことですので、落ち着いて行動をするようにしましょうね。




ムダ毛が埋没してしまった時の対処法

2014年7月 7日 Posted in トラブルの対策

■ムダ毛が埋没してしまったときにはどうしたらよいの?

お肌のお手入れをしている時にふと見ると、お肌の中に
ムダ毛が埋もれているのを見つけてしまった。ということは
ありませんか?


見た目にちょっと気になるこのムダ毛の埋没、このような
ムダ毛を埋没毛といいます。


埋没毛を見つけたら気になってほじくり出して出血させて
しまったということがある人もいるかもしれませんが、これは
絶対にやってはいけません。


肌を傷つけてしまうということはもちろんですが、傷口から
雑菌が入り込んでしまうと化膿してしまうこともあります。


また傷がついて炎症が起こると、今度は色素沈着といって
お肌に傷跡が残ってしまうこともあります。


色素沈着が起こってしまうと最悪の場合には将来消えない
傷跡になってしまうこともあります。


埋没毛は基本的にはしばらくすると老廃物として分解されて
排出されてしまいますので、放置しておくことが大切です。


気になるかもしれませんがそっとしておきましょう。


自分で出来ることといえば、保湿ケアをしっかりとしておくこと
になります。


つまり、お肌を健康な状態にしておくことです。


ターンオーバーが正常に行われることによって、埋没毛の
排出も早く進む
と考えられています。


それでも気になるという事でしたら、美容皮膚科などに行って
相談をしてみるといいかもしれませんね。




■ムダ毛を埋没させないためには?

そもそもこのムダ毛の埋没ですが、埋没毛の対策は基本的に
ないと言える状態であることはわかると思います。


ですから、できないようにすることの方がとても大切です。


では、ムダ毛を埋没させないためにはどうしたらよいのでしょうか。


まずはムダ毛処理の方法を見直してみましょう。


カミソリや毛抜きなどによっての自己処理をしているということは
ありませんか?


じつはこのカミソリや毛抜きによるムダ毛の自己処理が埋没毛
の最もおおい原因になっているそうです。


カミソリで毛を剃るという方法のムダ毛処理では、どうしても
深剃りをしてしまう人が多いと思います。


この深剃りによってムダ毛が毛穴の奥でカットされてしまうと、
ムダ毛が伸びてくる前に毛穴がふさがってしまって毛が
毛穴の中に閉じ込められてしまいます。


毛穴の中のムダ毛ですが、実はカミソリでカットすると毛先が
鋭利な状態になっており、毛穴の側面を突き抜けて伸びてしまう
ことがあります。


すると皮膚の中に毛が横に生えてしまうというムダ毛の埋没が
起こる
ことになります。


毛を抜いた時というのはどうでしょうか。


毛を抜いた時に全部抜ければよいのですが、途中で切れて
しまうこともあります
よね。


この時に途中で切れて毛の先というのも断面が鋭利な状態です。


つまり、カミソリで毛を剃った時の断面と似たようなものですから、
横に毛が伸びてしまいます。


このような事を考えると、カミソリでの深剃り、毛抜きによる抜毛
は行わないようにするということが大切
ではないでしょうか。




脱毛サロンに行って困ったこと...

2014年1月 8日 Posted in トラブルの対策

■脱毛サロンで脱毛できないと言われた

脱毛サロンに行って困ったことがあるという人も中には
いると言われています。
ではどのような事で困るのでしょうか。


もっとも多いのが脱毛施術が出来ないと言われることです。


脱毛サロンの中には、前もって脱毛施術を行う部位を
あらかじめ自己処理によってシェービングをしていく必要が
あるケースがあります


剃り忘れはもちろんですが、剃り残しといって施術部位の
一部だけが剃り残しが起こっていることがあります。


脱毛サロンによってはこのような剃り残しはスタッフが
シェービングを行ってくれるところもありますが、スタッフに
よるシェービングサービスは一切行っていないサロンもあります。


このようなサロンの場合、剃り残しがあると脱毛施術を
行わないということがある
そうです。


シェービングを行う時には剃り残しがないようにすることが
大切になってきます。


また念のためにシェーバーを持参して脱毛施術に行くと
スタッフが対応してくれるサロンもあるようですから
シェーバーを持参して行きましょう。


剃り残しと同様に、日焼によって脱毛施術が出来ないという
ケースもあるようです。
脱毛施術の間は日焼けは厳禁です。


日焼の場合には長期間脱毛施術が出来ないケースも
あります
ので気を付けてください。




■脱毛サロンの予約が取れない

脱毛サロンに通い始めるともっとも多いと言われている
困ったことは脱毛サロンの予約が取れないということです。


人気サロンになると3ヶ月先まで予約がいっぱいで、
施術後の次の予約もなかなか取れないというサロンも
あるようです。


これは脱毛サロンの契約をする時にどの程度予約が
取れる状況なのかをチェックしておくことが大切になります。


予約が取れない脱毛サロンの特徴としては、価格が安価
でありながらも施術自体はしっかりと効果があるサロン
になります。


このような人気サロンはどうしても予約が取りにくいようです。


しかし、人気サロンでも予約の方法によっては自分が施術を
受けたい時に予約を取ることが出来るケースもあるようです。


脱毛サロンでは通常施術を受けた日に次の脱毛予約を
取ることが多い
のですが、予定が分からないときには
電話での予約をすることが多いようです。


しかし、インターネットの普及により、会員専用のサイトを
用意しており、そのサイトから予約を取ることが出来るという
脱毛サロンもあります


会員専用サイトから予約をすると、キャンセルによって空いた
時間帯を探すことが出来ますので、その時間帯を選んで
予約を入れれば予約が取れるそうです。




冬場に脱毛をしておいた方が良い理由とは?

2013年10月 9日 Posted in トラブルの対策

■冬場に脱毛をしておいた方が良い理由とは?

クリニックやエステサロン、脱毛サロンなどで脱毛を行う場合、
実は夏場ではなく冬にこそ脱毛をはじめておいた方がいいと
言われています。


脱毛には実は時間がかかり、長い人では3年近くかかるケース
もあるそうです。
そして、脱毛には一定の周期によって行う必要があるそうです。


その周期というのは毛周期といいます。
これは毛が生え変わるサイクルで、この毛周期に合わせた
脱毛施術を行うことで効率よく脱毛を行う
ことができます。


クリニックのレーザー脱毛も、エステや脱毛サロンのフラッシュ脱毛
も、基本としてその時に成長期にある毛にのみ効果を表します。
毛は部分によってことなりますが、2~3ヶ月ごとに生まれ変わります。


つまり、この毛の生まれ変わる周期に合わせて脱毛施術を行う
ため、施術は2~3ヶ月に一回行うことになります。


そのため、冬が始まるころに脱毛施術を行うと、夏までに2回~3回
程度脱毛施術を受けることができます


脱毛施術は1回だけではなかなか効果を実感することが出来ず、
多くの人が2回~3回程度施術を終えた後1~2週間程度のちに
脱毛効果を感じることができると言われています。


そのため、逆算していくと冬場に脱毛をしておいた方が、夏の
肌を露出する機会が多い時期にキレイな肌になることができる

ということになります。




■毛周期以外にも理由がある?

さらに、この毛周期によって脱毛できる回数が限られること以外
にも理由があります。


それは、冬は夏に比べると露出が少なくなるため、
日焼によって施術が出来ないというリスクが少なくて済むという事です。


脱毛に日焼けは厳禁なのですが、夏の場合にはいくら気を付けて
いても日焼をしてしまうことが多いようです。
しかし、冬場は露出が減るために日焼けのリスクも減ります。


また紫外線自体も夏に比べると冬の方が穏やかになりますから、
紫外線による肌ダメージも冬の方が少ないというメリットがあります。


基本的には肌へのダメージが少ない脱毛方法であるレーザー
脱毛やフラッシュ脱毛でも、ダメージがゼロというわけには
いきません。


そのため、出来るだけ肌ダメージが少ない時期に施術しておいた
方が、肌トラブルが起こりにくく、脱毛施術自体も比較的効果
を出しやすいように出力を上げた状態で行うことができます


冬場はやや乾燥しがちで保湿には気を付けなければなりませんが、
実は夏場もエアコンの影響などで乾燥しています。


しかし、冬にしっかり保湿ケアをする人でも、夏場はおろそかになる
というケースも多く、冬の方が気を付けている人が多いために、
肌のコンディション自体がいい場合も多い
ようです。


このような理由もあり、冬場に脱毛をすることがおすすめに
なっています。




脱毛しても大丈夫? 副作用はない?

2013年9月11日 Posted in トラブルの対策

■脱毛したいけど本当に大丈夫?


女性の間では脱毛をしたいという人は多いようですね。

日帰り温泉や温水プール、それにスポーツクラブなどに通うという
人が多くなってきて、周りの女性をみるとキレイにムダ毛処理を
している人も多くなってきています。


だけど、脱毛って本当に大丈夫なの?という疑問を持っている人は
多いのではないでしょうか。

人間には不要な器官というものは殆ど存在しないと言われています。


ムダ毛と思っている体毛でも、やはり意味があって生えています。

体毛はもともとは身体の体温を上手に調整するためにはとても
重要な役割があり、また、リンパ節の部分を外側からの刺激から
守るという役割があります


リンパ節がある部分というのは体毛が濃くなっていることが多い
のはそのためだと言われていますよね。

しかし、現代において体毛の代わりにしっかりとした衣服があり、
気温差や刺激から守ってくれる役割を担ってくれています。


唯一体毛でなくてはならないと思われているのは、摩擦から
肌を守るということ
です。

特に脇は肌どうしが摩擦によって傷つくのを防ぐ役割を持っている
のがワキ毛とも言われています。


脱毛をすることで、この摩擦から肌を守るという機能は損なわれます。

しかし、カミソリなどで自己処理によってワキ毛を処理するよりは、
ずっとお肌に優しい
と言われています。






■脱毛には副作用はないの?


では、脱毛をすることで副作用というものはないのでしょうか。


脱毛は薬を用いて行うわけではありあませんので、副作用
というものは存在しません。


副作用はありませんが、現在主流になっている光脱毛を行う
ことによって、一時的にシミが出てくるということがあると言われて
います。

実は、光脱毛で使用される光には、肌を活性化させる作用もある
と言われています。


このため、肌の奥でシミになる色素があった場合、その色素が
浮き出てくるそうです。

この浮き出てくるシミというのは、ほおっておいてもいずれ出て
くるもので、その出てくる速度が速くなってしまっただけだと
言われています。

肌を活性化させるため、肌のターンオーバーが正常に行われ
るようになります。


そのため、隠れていていたシミが出てくるそうです。

しかし、このシミはすぐにターンオーバーによって消えてしまう
ことがほとんどだと言います。


レーザー脱毛や光脱毛で気になるのは赤みや痛みですが、
赤みは一時的にでることはありますが、2~3日程度で引く
ことがほとんどになっているそうです。

痛みについては、レーザー脱毛はやや痛みを感じやすく、
光脱毛は痛みを感じにくいそうです。

もっとも痛みを感じる脱毛は、ニードル脱毛です。


痛みは一瞬で、長引くということはないようです。

このように、脱毛に関する副作用的なものは少ないようです。




水着を着る時に注意すべき 「ムダ毛」 とは?

2013年8月 5日 Posted in トラブルの対策

■水着を着る時に注意すべき「むだ毛」とは?


暑い季節になると、やはりビーチやプールなど、水着を着て遊ぶ
というシーンがたくさんあると思います。
水着になるというと、やはり気になるのはムダ毛ですよね。


水着でムダ毛というと、すぐに思い浮かべることが出来るのは
ワキやVラインのムダ毛を処理しないと。というものだと思います。

しかし、水着を着る時に注意すべきムダ毛はワキやVラインだけでは
ありません


腕や脚のムダ毛も大変気になる処ですが、意外に無防備で忘れ
がちな部分が、背中と腰回りとうなじ
になります。

水着によっては背中が大きく開いたタイプのものや、腰辺りまで
露出しているデザインのものは多いですよね。


しかし、普段自分では見ることがあまりない背中や腰回りというのは、
意外にムダ毛処理をしてない場所でもあるようです。

また、水着を着るためにアップスタイルに髪形をする人も多いですので、
うなじも気を付けたい部分の一つです。


しかし、この背中や腰回り、うなじといった場所は、自分でムダ毛
処理をするのが難しい部分でもあります
よね。


だからといって、水着を着たいから今すぐ脱毛を開始しよう。
と思っても、実はちょっと遅いと言われています。

では、いったい水着を着る時に注意したい背中や腰回り、うなじ
などの脱毛を開始するのは、いつから始めたらいいのでしょうか。




■水着を着るために脱毛をするにはいつから始めたらいい?


とりあえず、このシーズンだけはなんとかしたい。


ということであれば、レーザー脱毛や光脱毛ではなく、痛みは
ありますが、ワックス脱毛で一気にムダ毛を抜いてしまう。


という方法があります。

この場合でも、背中や腰回り、うなじは自分でワックス脱毛をする
のは難しいので、できればワックス脱毛を行っているサロンなど
を利用するといいようですね。


一度ワックス脱毛を行うと、しばらくはきれいな肌でいることが
出来ます。


しかし、ワックス脱毛は一時的なものですから、やがてムダ毛が
再生されます。

レーザー脱毛や光脱毛をすると徐々にムダ毛が減っていきます。


水着を着るためにレーザー脱毛や光脱毛を行うには、
実は夏の終わりに始めるとよいようです。

特にレーザー脱毛であれば、夏の終わりに施術を開始すれば、
翌年の夏にはきれいな背中や腰回り、うなじを手に入れることが
出来る
可能性もあります。


脱毛自体は個人差もあるため一概にいうことができませんが、
レーザー脱毛であれば1年~2年程度、光脱毛であれば2年~
3年程度脱毛完了までの期間が必要
です。

ただ、脱毛開始後1年程度たっていれば、だいぶムダ毛は減って
いるので、翌年の夏には水着になってもいいかな。
という肌を手に入れることが出来るようです。




永久脱毛したのに、また毛が生えてきた?

2013年7月 3日 Posted in トラブルの対策

■永久脱毛をしたのにまた毛が生えてきた?


クリニックなどでは永久脱毛が出来ると言われています。


しかし、永久脱毛を終えたのにもかかわらず、気が付くと細かい毛
が生えてきた。という人は実は意外に多いそうです。


クリニックなどで行われているレーザー脱毛は、基本的に成長期に
ある体毛にのみ効果がある脱毛方法になります。
つまり、退行期や休眠期にある体毛については、効果が得られません。

人の身体に生えている体毛で、ワキ毛などでは全体の30%程度は
成長期にある体毛であるのに対し、70%程度は休止期にある体毛
であると言われています。


つまり、この休止期にある体毛にいくらレーザー脱毛を行っても
効果をなかなか得ることができない
ということになります。

レーザー脱毛の施術を行っている間に、一度も成長期に当たらなかった
体毛があっても不思議ではなく、そんな休止期にあった体毛の
発毛組織が活動を始めて成長期になり、発毛が起こることがあります。


そもそも、永久脱毛の定義というもは、アメリカの米国電気脱毛協会
というところでは"脱毛が終了して一ヶ月後の時点での毛の再生率が
20%以下である場合"などとしていて、完全に0%とはしていません

クリニックによっては、最終施術から6ヶ月以内に毛が再生しない
場合には永久脱毛である、と定義しているところもあります




■完全な永久脱毛ってないの?


一般的に永久脱毛と言っているレーザー脱毛などでは、先ほども
説明をした通りに実は完全な永久脱毛とは言えないといえます。


完全な永久脱毛と言われている絶縁針電気脱毛などでも、
脱毛施術を他の毛穴から毛が再生することは十分考えられ
ます
よね。

人体にある毛穴自体は実に500万個ほどあると言われています。
もちろん個人差はありますが、この膨大な量の毛穴すべてが
活動をしているわけではなく、長い時間休止している毛穴もあります。


そのような毛穴があるとき活動を始めれば、当然体毛が再生され、
突然体毛が生えてきたということになると思います。

残念ながらこのように長い間休止していた毛穴が活動を始める
ことはあり得ますので、完全な永久脱毛というものはないと
いえるのではないでしょうか


もし、永久脱毛をしたのにまた毛が生えてきたと悩んでしまう人が
いたら、仕方がないもの。と思うしかないというのが現状のようです。

このようなときには1ショット脱毛や、再生された毛のみ電気針
脱毛をしてもらうというような処理をするというような方法をとると、
完全に近い永久脱毛を行うことができるのではないでしょうか。


永久脱毛終了後でも施術を受け付けているクリニックは多いので、
相談をしてみるといいかもしれませんね。




脱毛したら体に悪影響・副作用はない?

2013年6月12日 Posted in トラブルの対策

■脱毛をすることで体に悪影響はある?


もともと人間の体には基本的に不要な器官はないと言われています。
体毛もやはり人間にとって必要な器官になります。

その体毛を無理やり無くしてしまう脱毛という行為は、体にとって
悪影響を与えることはないのでしょうか。


基本的には悪影響と呼べるほどの影響はないという見方が一般
的になっています。

一部の体毛以外については、現在の生活においてはなくても影響
はあまりないのではないかと考えられています。

もともと体毛自体は外気から皮膚を守るために生えているものです。
うでや脚なども、外気の冷たさから体を守るためですし、皮膚に
汚れが付着するのを防ぐという役割を持っています。


しかし、衣料技術が進み、体毛に代わって衣服が身体を温め、
また汚れなどから身を守ってくれています
ので、体毛がなくても
問題がないという状況になっていますよね。

ただし、鼻毛や陰毛などについては、体毛によって器官内の
粘膜を守るという重要な役割を今も担っています
。このような体毛を
無理に脱毛してしまうのは避けた方がいいともいわれています。

顔の産毛なども普段衣類で保護されている部分ではないため、
本来であればカミソリで剃るというような行為もしないほうがいい、
という専門家もいるそうです。






■脱毛をすることで副作用はないのか?


クリニックやエステサロン、脱毛サロンなどで行われている
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛によって脱毛以外の効果、つまり
副作用はないのか心配という人もいます。

光を照射するということはやはり肌に刺激を与えることなので、
もしかしたら皮膚がんの恐れなどがあるのではないかと考える
人は多いようです。


レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で使用する光には、皮膚がんの原因
といわれている紫外線は含まれていません。
そのため、皮膚がん発症の原因にはならないと言われています。

光を当てることで体毛に熱を伝え熱変化によって毛根部分に
ダメージを与えることで脱毛を行いますが、この光の熱によって
ヤケドをする危険性はゼロではない
ようです。

しかし、このあたりはスタッフの方が出力の調整などをしっかりと
行えば防ぐことができます。


悪い副作用はあまりないようですが、良い意味での副作用は
あるようです。

例えばフラッシュ脱毛で照射される光の波長には、肌細胞を活性化
させる
という作用があると言われています。


肌の細胞を活性化させることで一時的に皮膚の内側に隠れていた
シミやそばかすといった要因を表面化することがあります。

これはターンオーバーをすることで隠れていたシミやそばかすが
表面化するだけで、次第にシミやそばかすは消えてきれいな肌
が再生されてくる
と言われています。




脱毛したあとに、肌のトラブルは起こる?

2013年2月12日 Posted in トラブルの対策

■脱毛したあとに、肌のトラブルは起こる?


ムダ毛のないキレイなお肌を手に入れたい、と脱毛を考える人も
多いと思いますが、その脱毛のためにもし肌にトラブルが起きたら
どうしよう。と悩む人も実は多いそうです。


特に敏感肌の人はこの悩みを抱える人は多いですよね。


化粧品や保湿クリームでもかぶれてしまうという人であれば、
カミソリなどで行う自己処理で何度も肌荒れやかぶれ、発疹などを
経験したことがある人は多いのではないでしょうか。


毛抜きやカミソリなどで行うムダ毛の自己処理は、実は最も
肌トラブルが起こりやすい方法
になります。


色素沈着や黒ずみ、発疹やかゆみなどが起りやすいのがこの自己処理
による脱毛です。


実は安易な自己処理による脱毛処理は、肌の表面のバリヤー層まで
傷つけてしまい、より過敏な状態になってしまうそうです。


クリニックやエステ、脱毛専門サロンなどでは、このバリヤー層に
傷をつけることなく脱毛処理を行う
そうです。


しかし、その施術で肌にトラブルが起こらないか、という心配もあります
よね。
インターネットなどで見ていると、時折やけどをしたとか肌が荒れてしまった
というような書き込みを見ることもあると思います。


しかし、このような肌トラブルは、自己処理によるものに比べると本当に
わずかの物のようです。




■肌トラブルを避けるには?


クリニックやエステ、さらに脱毛専門のサロンでの脱毛では、肌トラブル
が起ることは自己処理による脱毛に比べると非常に少なくなっています。


しかし、それでも皆無という訳には行きませんよね。


このような肌トラブルを避けるにはどのようにしたらいいのでしょうか。


クリニックやエステ、脱毛専門のサロンでは必ず施術前に
カウンセリングやバッチテストを行います
このときに肌の状態をしっかりと伝えることが大切になってきます。


例えば、クリニックやサロンで使用するレーザー脱毛や光脱毛の
施術のときに、過敏ではない人に対して施術を行うときよりも
出力をやや落として行うなどの対応をしてもらうことができます。


出力を落とす分脱毛効果が薄れる可能性がありますが、
回数を増やすことで脱毛効果は得られるそうです。


肌が過敏の人であれば、脱毛専門のサロンやエステサロンよりも、
医師がいるクリニックでの脱毛を選ぶと肌トラブルを避ける
ことができます


万が一、トラブルが起こったときにも、医師であればトラブルに対応
した処置をすることが可能になってきます。


肌トラブルを避けるためには、安易なムダ毛の自己処理は行わず、
専門的に脱毛を行ってくれるクリニックやエステ、脱毛専門サロンにて
施術を行うのが一番いい
と言われています。




濃いムダ毛が悩みの人に人気!売れてる抑毛ジェル

2012年11月21日 Posted in トラブルの対策
今 大人気の「ムダ毛処理ジェル」です。

こんな人にオススメです。


 ・ 毛深くて悩んでいる人

 ・ ムダ毛の処理が毎回めんどくさい人

 ・ カミソリや毛抜きで肌が荒れて困っている人

 ・ エステや脱毛器は高くて手が出ない人

 ・ 手軽に楽にケアしたい人




お風呂上りに毎日1分ジェルを塗るだけ という簡単なケアで、
毛が薄く、うぶ毛のようになっていく
という優れものです。


使い続けていくと、ムダ毛が徐々に生えにくくなっていって、
体の毛が目立たなくなっていきます。


実際に、たくさんの人が効果を感じています


使ってみて、もし効果がなくても「返金保証」が付いているから安心です。

60日間は、開封後でも使用後でもお金が返ってきます。


それだけ効果に自信があり、返品も少ないという
実力派のムダ毛処理アイテム
です。


ムダ毛の処理に困っている人・毛深くて悩んでいる人にすごく人気があるので、
ぜひ下の写真をクリックして、ホームページをチェックしてみて下さい。




↑ 毛が薄く・うぶ毛のようになる抑毛ジェルはこちら




生理の臭いを解消する方法

2012年10月17日 Posted in トラブルの対策

生理のニオイで困っていませんか?

臭いを解消するための3つの方法をご紹介します。


----------------------------------------------------------------------

① ナプキンをこまめに交換する・常に清潔にする


実は、経血は出てきたばかりの状態では、ほぼ無臭です。

ですが、空気に触れることで雑菌が繁殖してしまうため、
時間がたつごとに臭いが出てくる
のです。

一般的には、3時間たつとニオイが発生すると言われていますから、
同じナプキンを長時間使用せずに、数時間に1回は取り替えましょう。

ナプキンをこまめに取り替えて清潔に保つことが、
まず1つめの大事なポイントです。


-豆知識ポイント!

また、使用済みのナプキンをトイレットペーパーなどでしっかりと包んで、
空気に触れない状態・ニオイが漏れない状態で汚物入れに捨てることも大事です。

周りの人からニオイに気づかれないようにするためには、
トイレの中や、トイレから出てきた後もニオイが残らないように、
使用済みナプキンの処理もしっかりと行いましょう。


----------------------------------------------------------------------

② 下着は 通気性の良いものを身につける


デリケートゾーンは、高温多湿で雑菌が繁殖しやすい環境です。

そのため、臭いが発生しやすくなっていますので、
できるだけ蒸れにくい服装を選びましょう。

たとえば、通気性の良い下着やストッキングです。

汗を吸収しやすいものなら、デリケートゾーンに
汗・雑菌がたまりにくくなるので、なお良いですね。


タイトなジーンズなどの下半身を締め付けるようなものは避けましょう。
スパッツやガードルなども、湿度が高く蒸れやすくなるので×です。

通気性が高く、蒸れにくい服装が大事です。


----------------------------------------------------------------------

③ アンダーヘアの手入れをする 【 ここが意外に1番大事! 】


生理の際に、アンダーヘアにはどうしても経血がついてしまいます。

トイレットペーパーなどでケアしても、それは毛に残りますから、
経血がついた状態が続くことになり、そこから臭いが発生します。


逆に、衛生的にアンダーヘアを小さく短く処理していれば、
毛には経血がつきにくく、臭いはかなりおさえられます

具体的には、Vライン(恥骨上部の三角形のゾーン)や
Iライン(女性器周りのヘア)の毛の範囲を狭くして、
毛をできるだけ少なく処理しておくことが大事です。


----------------------------------------------------------------------

◆ 3つのうちで1番大事なポイントは?


実は、ナプキンを頻繁に交換していても、
通気性の良い下着をつけていても、
アンダーヘアが処理されていないと臭いは発生してしまいます。

生理中は、アンダーヘアにたくさんの経血がついてしまっているからです。


ですから、臭い対策ではアンダーヘアの処理が最も大事です。


特に、長く伸びたヘアや、
パンティからはみだすぐらいの量のヘアがある人は要注意です。

「自分は短め・少なめかも」と思っている人でも、
アンダーヘアの処理はいつも十分すぎるぐらいに行う必要があります。




◆ アンダーヘアの処理方法


では、アンダーヘアのお手入れは、どうするのがいいでしょうか?

普段からお手入れを少しずつ行っている人もいるでしょう。
ハサミで切ったり、カミソリで剃ったりなどです。


ですが、手入れをしてもまたすぐに毛が伸びてきますから、
頻繁にケアしないといけないのが大変
ですね。




◆ じゃあ、どうすれば...?


最近は、女性のあいだで家庭用の脱毛器が流行っています。

エステ並みの本格的な脱毛ができる脱毛器が、
手軽な値段で買えるようになったからです。


脱毛器を使えば、気になる毛の部分に脱毛器を「ピッ」と当てるだけで
手軽に毛を短くして、脱毛することができます

VラインやIラインの毛の範囲が狭くなることで、
経血がつく量を減らし、ニオイの対策ができます。


 → 人気の家庭用脱毛器はこちら



◆ でも、高いんじゃないの...?


脱毛器は、分割にすれば 1ヶ月あたり 3,000円ほど
デリケートゾーンの脱毛がしっかりとできます。

3,000円というと、毎月エステに通って脱毛している友達に比べたら
格安の値段でケアできることになりますね。


しかも、「恥ずかしくない」のが人気の理由です。

誰に見られることなく、自分の部屋で手軽に
デリケートゾーンの毛をしっかりと脱毛できます。




◆ 実は...


これまで、生理のニオイで悩んでいる多くの女の人は、
臭いの大きな原因がアンダーヘアにあることを気づいていませんでした。

しかし、最近ではそれが少しずつ広まりつつあり、
脱毛器で悩みを解消する人が増えてきています


何も恥ずかしい思いをせずに、臭いの元を減らせるなら、それが1番ですね。


生理の臭いで悩んでいるなら、アンダーヘアの処理は必要なことです。

脱毛器は一度使ってみる価値はありますよ。


 → 人気の家庭用脱毛器はこちら




埋没毛の対処法とは?

2012年9月22日 Posted in トラブルの対策

■埋没毛の対処法とは?


時折皮膚の中に埋まるようにして毛が生えていることがあります。
この毛の状態を埋没毛といいます。


埋没毛は無理な自己処理によってムダ毛を処理した際に起った
さまざまなトラブルによって起こるものと言われています。


毛抜きでムダ毛を抜いてしまったり、剃刀で剃毛をしてしまうということが
よくありますが、これが埋没毛の原因になっています。


埋没毛は毛抜きで毛を抜いたさいに途中から切れてしまったり、
剃刀で剃ったときに切れた毛があるのにもかかわらず、何らかの原因
で毛穴が閉じてしまい、皮膚の中に残ったまま成長したもの
です。


そこに見えているのに、実際には皮膚の中にあるために取り除くことも
出来ず、無理に取り除こうとすると、皮膚を傷つけてしまうことにもなります。


埋没毛は放置をしておいても自然に治ることの方が多いのですが、
極稀に毛膿炎といって不衛生な環境でムダ毛の自己処理をした際に、
細菌が侵入して炎症を起すという症状が起ることがあります。


また無理に埋没毛をほじくりだしたせいで炎症がひどくなるということも
あります。


最もよい埋没毛の処理方法は、皮膚科や美容外科、形成外科などの
専門医に相談をして、レーザー脱毛の機械などで埋没毛の部分を
取り除く
ということになります。





■埋没毛を避けるための脱毛


埋没毛を避けるための脱毛方法というのは、やはり安易な自己処理を
行わないことになります。


毛抜きや剃刀での自己処理では、どうしても毛穴の奥には毛が残った
状態になりやすく、そのために埋没毛が発生しやすくなります


また、このようなムダ毛処理の方法は、皮膚を傷つけることも多く、
埋没毛だけではなく、さまざまな肌トラブルにつながるため、
できれば避けたほうがいい方法になります。


もし、自己処理でということでしたら、脱毛クリームや抑毛ローションなど
を使用する方が安全に脱毛を行うことが出来ます


肌トラブルを起こしにくく、埋没毛も起こり難い脱毛法は、やはり
専門のエステサロンや美容外科や形成外科などの専門医に
脱毛処理をお願いするのが一番安全
です。


エステサロンよりはさらにメディカル系のサロンに行く方がベストとも
いわれていますが、そのあたりは値段や相性にもよりますし、
脱毛をしたい部位によっても変ってくると思います。


また、皮膚がもともと強い人や弱い人など、体質によっても変わって
くるので、まずはどのようなサロンに行けばいいか、脱毛体験などに
行って吟味してみるのが一番いい方法です。


安易な自己処理で余計なトラブルを起こす方が、金銭的にも精神的にも
負担が大きくなることがあるので気をつけましょう。






多毛症のチェック

2012年9月21日 Posted in トラブルの対策

■多毛症のチェックポイント


毛深いことで悩む女性は割と多くいると思います。
中には病的に体毛が多く濃い人もいます。
この病的に体毛が多く濃い症状を多毛症といいます


多毛症かどうかを判断するのは基本的には専門医になりますが、
その診断はどのように行われるのでしょうか。


一つのチェックは、視診によるものです。
硬く太い毛がどの部位にどの程度生えているのかを診て行きます。


上唇・下唇・あご・胸・背中・お腹・腕・ふとももなど、女性ではあまり
硬く太い毛が生えない部分にどの程度硬く太い毛があるかを点数化
していき、合計がある点数以上になると多毛症と診断されます。


つまり、多毛症の場合はただ毛深いのではなく、硬くて太い毛が、
本来生えていない場所に生えている状態
です。


通常であれば、男性のみに生えている硬くて太い毛が女性にも生えて
きているという状態で、柔らかい毛が密生している状態は、普通に
毛深い状態です。


この硬くて太い毛、例えるなら眉毛や睫毛のような毛です。


この視診以外にも多毛症をチェックできるのは血液検査になります。


もし自分で硬くて太い眉毛や睫毛のような毛が女性では生えていない
ような場所に生えている。と気になるようでしたら、
婦人科で血液検査をすることで分かります。


 → ムダ毛に悩まなくて済む! 脱毛サロンはこちら


■多毛症だった・そうではなかった場合の対処法


視診や血液検査などで多毛症であったことが分かった場合、
実はそのほかの疾患が隠れていることがあるので、婦人科での
しっかりとした診察が必要になってきます。


実は多毛症の原因として、皮膚の男性ホルモンに対する感受性が
高まることで、突発性で起っている割合が50%ありますが、
卵巣の病気だったり腫瘍が原因である場合があります


この原因を解明するためには、婦人科で卵巣の状態をエコーで
診察することで判明します。


多毛症の原因の約40%をしめる多嚢胞性卵巣症候群と呼ばれている
特殊な卵巣の疾患だった場合は、ピルをはじめとする投薬の治療で
少しは良くなっていくといわれています。


しかし、多毛症の原因の約10%程度で卵巣や副腎、脳下垂体に
腫瘍があることによるものだといわれています。
この腫瘍があることが分かると手術で取り除く必要が出てきます


ホルモンバランスの異常で起る多毛症や多嚢胞性卵巣症候群の
場合は、投薬と共に形成外科で脱毛をするという治療が主になる

と言われています。


多毛症ではなかった場合、治療することはありませんが、気になるよう
でしたら、やはり脱毛専門のサロンやエステサロンや美容形成外科
などで脱毛処理をしてもらうといいですよね。


 → 人気の脱毛サロンはこちら





じんましんやアレルギーのある人のムダ毛処理方法

2012年6月19日 Posted in トラブルの対策

■じんましんのある人向けのムダ毛処理方法


様々なことが原因で、肌に痒みを伴うブツブツが現れることを
"じんましん"と言います。
青魚や卵、牛乳やチーズなどの乳製品や、
蕎麦など特定の食べ物を食べて出ることが多いと言われています。

その他に動物の毛や、昆虫、
金属など外的要因によって出ることもありますし、
太陽の光や温度変化、擦ったり引っ掻いたりという
刺激を肌に感じたときにも反応することがあります。

じんましんのほとんどは、原因がわからないことが多いため、
皮膚に直接刺激を与えるムダ毛処理をするのは、大変難しいことです。
じんましんが出やすいからムダ毛処理はできないと、
初めから諦めている人は多いようです。

意外と知られていないことですが、実はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は
肌トラブルを起こしやすい人にもおすすめの脱毛法
です。
レーザーやフラッシュによる脱毛は、
肌を通り越して毛根部分にある毛を作り出す組織に直接作用するため、
肌への負担はほとんどないに等しいと言われています。

ただし、肌にじんましんが出ている時に施術を受けると、
その部分にレーザーやフラッシュが反応して悪化ことがありますので、
じんましんが治まるまで待ってから施術を受けるようにしましょう


■アレルギーの人向けのムダ毛処理方法


アレルギーの人は、自分が何に反応をしてアレルギーがでてしまうのか
分からないと脱毛の方法がみつかりません。
分からずに脱毛をすると、
肌トラブルを起こしてしまう可能性が高くなります。

ムダ毛の自己処理をする時に、カミソリで剃ったり
毛抜きで抜いたりすると炎症を起こしてしまう原因になります。
炎症が酷くなると、痛みやかゆみにつながります。

アレルギーの人の脱毛は、医療機関やエステサロンで
永久脱毛をするとムダ毛処理をしなくてすむようになります

永久脱毛は、1回の施術をすればムダ毛がなくなるわけではありません。
毛の周期によって、埋もれていた毛が数カ月で生えてきますので、
数か月に1回は定期的に施術をします。

アレルギーのある人は、肌にトラブルが起きた時に
すぐに症状を見てもらえるため、医師がいる医療機関の方が
安心して脱毛を進められます

レーザー脱毛は、レーザーを照射すると肌を通り越して、
毛根や毛乳頭のメラニン色素にのみ反応をして破壊します。
肌に影響を与えないので、レーザー脱毛は
アレルギーの原因となるものを引き起こす心配がありません。

ただし、炎症が酷い時や、色素沈着を起こしていると
その部分にレーザーが反応することもあるので、
肌の調子がいい時に脱毛をすることをお勧めします






敏感肌やアトピー肌の人のムダ毛処理法

2012年6月 7日 Posted in トラブルの対策

■敏感肌の人向けのムダ毛処理方法

ワキや腕、脚のムダ毛の脱毛法にはいろいろな方法がありますが、
肌が敏感な人が安易に脱毛をしてしまうと、
肌トラブルを起こす原因
になってしまいます。

まず、カミソリによる処理は、毛を剃るのと一緒に皮膚の表面も
削ってしまうので、肌に負担がかかります。
肌が弱くない人でも赤くはれてしまったり、
黒ずんでしまったりすることがあるので、敏感肌の人には不向きです。

脱毛クリームや脱毛ワックスの場合も、皮膚全体に塗るものなので、
肌トラブルのもとになります。

エステサロンでの脱毛は、脱毛後に肌をトリートメントしてくれるので、
肌への負担が少ないと言われますが、これはあくまでも
普通の肌の人を対象とした場合です。

脱毛自体は肌にそんなに負担をかけていなくても、
エステサロンではジェルやローションを使用するので、
それらが肌に合うかどうかが問題です。

また、敏感肌の人のなかには、機械の金属部分や光、
熱などにアレルギー反応が出る人や、タオルや着衣まで
肌に合わない人もいるので、一概にいいとは言えません。

脱毛方法の中で、一番敏感肌に合った方法は、
医療レーザーによる脱毛です。

レーザーは照射すると皮膚を通り越して、
毛根や毛乳頭の部分に作用するため、
アトピー体質の人でも安心して施術を受けることができます


■アトピー肌の人向けのムダ毛処理方法

アトピーが酷い人だと、ムダ毛の処理をカミソリで剃ったり、
毛抜きで処理をしたりすることも炎症を起こす原因になってしまいます。

自己処理をしていくとますます炎症が酷くなります
そのままだと悪循環で肌に負担が大きくかかります。

みんな肌が強く、自己処理をしている人や、
永久脱毛をしてトラブルが起こらない人ばかりではありません。
肌が強い人でも脱毛後ケアの仕方が悪ければ
炎症を起こすこともあります。

アトピーの人が永久脱毛をする場合、
炎症が酷い時や色素沈着を起こしている時は、
炎症や色素が消えるまで脱毛できませんが、
肌の調子がいい時にすれば、大丈夫です

アトピー肌の人は、医療機関で相談をしながら
脱毛することをお勧めします

永久脱毛はフラッシュやレーザーといったタイプがあります。
医療機関に多いのがレーザー脱毛ですので、
そちらの方がおすすめです。

脱毛は、1回やればムダ毛がなくなるわけではなく、
数か月に1度は照射をします。
定期的に施術を行うため、肌にトラブルが起きた時に
すぐ対応してくれる医師がいれば、安心して脱毛をすることができます。

自己処理をして炎症が酷くなると、かゆみが酷くなることもあります。
永久脱毛をして、自己処理をしなくなるようになれば
かゆみが軽減されることにもつながります。






毛膿炎(もうのうえん)の原因と解決方法

2012年5月25日 Posted in トラブルの対策

■毛膿炎(もうのうえん)の原因とは?


毛嚢炎とは、カミソリなどで自己処理をした際に肌が傷ついたり、
毛根が広がってしまった場合、そこから細菌が侵入することがあり、
その結果、毛根の周りが炎症を起こしたり化膿したりする症状のことを言います。


その原因としては、ムダ毛処理をした環境や
処理に使った器具などが不衛生だったりすること
が挙げられます。


毛嚢炎は、皮膚が長時間湿っている状態になると発生しやすくなるので、
お風呂でのムダ毛処理は、当然ながら毛嚢炎になる可能性が高くなります


毛嚢炎になってしまうと、いずれ
その部分がシミとして残ってしまうこともあります


そうならないためにも、ムダ毛処理をする前後は、
器具などの消毒をしっかり行いましょう


毛嚢炎は、毛穴から菌が入り込むことで起こってしまうので
毛穴・毛穴まわりを清潔にしておくと、
発生する可能性はおのずと低くなります



→ 「コスパ良すぎ」の脱毛サロンランキング


■毛膿炎・毛包炎の解決方法


毛嚢炎・毛包炎になる原因・なりにくい方法は先に書きましたが、
すでに毛嚢炎になってしまっている場合はどうすればいい?」でしょうか。


毛膿炎は、ムダ毛処理で毛包に傷がついた時や、長時間、皮膚の湿った状態が続いた時、
また ステロイド薬などを塗っている時など、毛包にブドウ球菌が感染して起こる病気です。


見た目はニキビと良く似ていますが、
ニキビとは違い 炎症が軽いことがほとんどなので、
軽度の場合は、特に治療の必要なく完治するケースがほとんどではあります。


ですが、軽度とはいえ、炎症している部分は、消毒などをして、
出来る限り清潔にしておきましょう


しかしながら、毛嚢炎の症状が多数あったり、
痛みや腫れがひどい場合は、医師に相談する必要があります


治療法としては、抗生物質、抗菌薬などの服用や、
抗生物質の軟膏を塗るなどがありますが、
膿がひどい場合は、切開することもあります。


ほとんどの場合は、軽度の症状で自然治癒するとはいえ、
お肌にダメージを与えていることには変わりありませんが、
ひどい場合は早めに病院に行って診てもらいましょう。


尚、自分で行うムダ毛処理は手軽でコストもかかりませんが、
繰り返して何度も処理をしないといけないので、
その分、肌トラブルが起こる可能性も高くなってしまいます。


カミソリやシェーバー、毛抜きなどで処理すると
毛膿炎などのダメージを引き起こす可能性がある
ので、
あまりお勧めすることはできません。


そうならないためにも、ジェルやエステなどでのケアをオススメします


これらを使えば、ムダ毛処理による毛膿炎などの肌トラブルを避けられますし、
キレイな状態でずっと過ごすことができるようになります。


 → 肌にやさしい抑毛ジェルはこちら


脱毛してはいけない時期とは?

2012年5月15日 Posted in トラブルの対策

■妊娠中の脱毛について

ムダ毛処理のために、脱毛サロンに通っている人もいますよね。
女性は生涯で体の変化が起きることがあります。
それは妊娠。

脱毛するにあたり使用することのあるレーザー脱毛
妊娠中に受けることが出来ないとされているX線。

このレーザー脱毛に使われる光はX線のように妊娠中の体や
胎児に影響はないといわれているのですが
サロンによっては出来ない場合も多いのです。


そもそもムダ毛はホルモンバランスと深い関係にあります。
妊娠中はそのホルモンバランスが崩れてしまうので
脱毛には向いていない
のです。

脱毛をすると決めたのならすべて終了してからか、
万が一妊娠が発覚したら授乳期間が終わってからが望ましいです。


脱毛サロンでは一般的には期間が定められていることが多いのですが、
脱毛をしている途中で妊娠が発覚してしまった場合、
一年以上期間が開いてしまうことになるので、気をつけましょう。

コースによっては、期間が定められていないものもあるので
それを選ぶと安心ですよ。


女性にとってムダ毛は厄介なものなので
何とかしたいと願う人も多いですよね。
また、妊娠も女性にとっては一大イベントでもあります。

もし、途中で妊娠が発覚した場合には
元気な赤ちゃんを産むことを最優先にして、
生活が落ち着いてきた頃にまた再開させましょう。


■脱毛してはいけない時期

一般的には、脱毛してはいけないという決まりはないのですが
万が一のことを考えて、以下に当てはまる人は避けたいといわれています。

・妊娠をしている人
生理中の人
・体調が良くない人
・日焼け直後
・薬を服用中の人
など。

特に妊娠している場合や生理中の場合はホルモンバランスが乱れていたり
肌が敏感になっていることがあるという点が理由とされています。

妊娠している場合は体もいつもと違った変化を過敏に感じ取ることが多いです。
少しのストレスが母体に影響を与えるという可能性もあります。


また、脱毛中に感じる痛みが陣痛を引き起こすきっかけにも
なり得る
といわれているんです。

妊娠中は、出産を迎えるまでに色々とトラブルもあるものです。
病気ではないので、必要以上に安静にしている必要はありませんが
抱えなくてもいいストレスを抱えるよりは、それを避ける方が良いですよね。


脱毛をする日には、体調を万全にしておきましょう。
季節の変わり目などは体調を崩しやすいので油断しないようにしたいですね。

脱毛をするのは一度で終わるわけではなく
数回通う必要があります。

脱毛に通うにあたって自分の体調管理もきちんとしていきたいですね。

自分の都合の良い日に脱毛をして、きれいな肌を手に入れましょう。






ムダ毛処理による色素沈着の原因と解決方法

2012年5月15日 Posted in トラブルの対策

■ムダ毛処理後の色素沈着の原因

暖かくなってくるとお肌を露出する服装になる機会も多く、
女性なら誰でも、ムダ毛の処理をすると思います。

ワキや腕、足のムダ毛は特に気になるものですよね。

しかし、長年ムダ毛の処理をしていると、
ムダ毛処理をしたお肌が何となく黒ずんできたかも?!
もしかして、これって色素沈着?!
そんな悩みをお持ちの方も結構多いのではないでしょうか。

ムダ毛の処理の方法としては様々ありますが、
サロンやクリニックで永久脱毛をする方もいれば、
脱毛器を使用して、自宅で処理をする方も多いと思います。

でもやはり一番リーズナブルで簡単に出来るのが、
カミソリを使用しての処理や毛抜きで抜く方法ですよね。

ムダ毛自体の処理は簡単に出来ますが、特にワキのお肌はデリケート
ムダ毛処理と同時にお肌もきちんとお手入れしてあげないと、
お肌が傷んだりすることもあります。

長期間、カミソリや毛抜きでムダ毛を自己処理することにより、
どうしても角質が傷ついてしまい、お肌への負担が大きくなります。

そのことにより、炎症が起きてしまったり、黒ずみが出来てしまい、
それが結果的に色素沈着となるわけです。

色素沈着の原因としては、お肌を外からの刺激から守るために、
表皮の最下層でメラニンが発生してしまう
からです。

ムダ毛処理による色素沈着。
どうしても黒ずみが気になる場合は、
当たり前ですがムダ毛処理と同時にお肌のお手入れも
忘れてはいけませんね。


■色素沈着の対処方法と予防法

色素沈着の原因としてはお肌を外からの刺激から守るために、
表皮の最下層でメラニンが発生して生じてしまい、
そのメラニンが原因でお肌が黒ずんで見えてしまいます。

色素沈着は特に毛穴の周辺におきやすいものです。
長期間、カミソリや毛抜きで自己処理をしていると、
どうしてもお肌への刺激が多くなってしまいます。

それが原因で色素沈着を起こしてしまうことが分かりました。

では一度出来てしまったお肌の色素沈着はどのようにお手入れを
したらよいのでしょうか?

まずは、ムダ毛処理による色素沈着を防ぎたい場合、
お肌への負担を最小限にとどめる方法を考えてあげたいですよね。

どうしても、カミソリや毛抜きで処理をしなくてはいけない場合、
必ず、専用のローションなどを使って
行ってください。

また、ムダ処理した後のお肌のお手入れも重要です。
きちんと保湿してあげましょう。

でも、出来ればカミソリや毛抜きでの自己処理を減らして、
サロンやクリニックなどのレーザーなどによる脱毛をした方が良い
言えるでしょう。

そうすることにより、自己処理の回数も減りますので、
お肌への負担も必然的に減り、色素沈着もしにくくなると言えます。

このように、ムダ毛処理をする場合、
お肌にとって優しい方法を考えてあげることにより、
色素沈着を防ぐことができます。






埋没毛の原因と対処方法

2012年5月12日 Posted in トラブルの対策

■埋没毛(まいぼつもう)とは?


ムダ毛が女性にとって、お肌の悩みの大きな一つですよね。
日々、ムダ毛のケアをしている人も多いと思いますが、
みなさんは、カミソリや毛抜きを使っていませんか?


手軽でコストもかからないというメリットもありますが、
お肌にダメージを与えかねないので、あまりお勧めできません。


とはいえ、お肌のダメージよりも、
「ムダ毛があるほうが恥ずかしいこと」
という意識が先走ってしまうので、
ついつい手軽な処理法を選択してしまいがちですよね。。


しかしながら、カミソリや毛抜きで繰り返し、
自己処理をすることによって、埋没毛(埋もれ毛)になる場合もあります。


埋没毛とは、自己処理をした後、毛穴がふさがってしまった皮膚の中で、
再生した毛が成長してしまうこと
を言います。


また、埋没毛は、毛の発育が完全に止まるまで放置しておくと、
ほとんどは自然に分解され、排泄されるそうですが、
なかには、炎症を起こしてしまうこともあるようです。


過度な自己処理を繰り返し、埋没毛になってしまい、
その部分を毛抜きで無理やり抜いてしまう人も多いそうですが、
またそれが埋没毛になってしまうと悲しいですよね。


そのうえ、お肌を傷つけてしまっているので、
さらに悪化して黒ずみや毛嚢炎を起こしてしまいます。


とにかく、埋没毛を見つけても、無理に処理しないほうが賢明です。


■埋没毛・埋もれ毛の対処方法


埋没毛は、比較的起こりやすい肌トラブルです。


また、埋没毛は、目立つので、ついつい気にしがちになり、
針などの先で皮膚を割いてほりくじ出してしまう人も意外に多いようですが、
これをしてしまうと、炎症を起こしやすくなり、
炎症が悪化してしまうと、色素沈着の原因になることも・・


そうなると、さらに毛穴が目立ってしまうので、
触るのは絶対にやめておいたほうがいいです。


埋没毛の対処方法としては、まず、先にもお伝えいたしましたが、
とりあえず、触らないことが大事です。


しかしながら、放っておけばほとんどは自然に分解されるとはいえ、
その期間も決して短期ではないので、
それまで待ってられない・・・・という人もいらっしゃるでしょうね。


出来るだけ短期間で埋没毛をなんとかしたいとお考えの人に、
一番効果的な対処法は、医療機関のレーザー脱毛やエステ脱毛です。


簡単に言えば、脱毛をしてしまえば、
おのずと埋没毛もなくなることがほとんどだからです。


埋没毛はレーザーや光にも反応するので、
埋没毛だけでなく、根本から毛根を処理できるんです。


また、エステに行っている時間がないという人には、
家庭用脱毛機などもオススメですよ。


国産で質の良い脱毛機であれば、お肌の負担も少ないので、
黒ずみや色素沈着などの心配も少ないようです。


とはいえ、異物反応などで炎症を起こしている人は、
皮膚科での診察をしたほうがいいようなので、
早めに受診することをオススメします。






ムダ毛処理後の黒ずみの原因と解決方法

2012年5月 9日 Posted in トラブルの対策

■ ムダ毛処理後の黒ずみの原因


ムダ毛処理をしようと思う時に、最初に思いつくのは、
カミソリなどによって「剃る」という方法なのではないでしょうか?

しかし、カミソリによるムダ毛処理ではお肌に大変な負担が掛かり、
肌荒れをはじめとしたトラブルが起こりやすいといわれています。
中でも良く聞くトラブルにムダ毛処理後の黒ずみがあります。

カミソリをはじめとしたムダ毛の自己処理による「黒ずみ」の
原因の一つは、カミソリなどによって皮膚に傷がつき、
炎症を起すということが繰り返された結果
と言われています。

カミソリ以外でも、粘着テープなどで無理やりムダ毛を引き抜く行為や、
毛抜きなどでムダ毛を抜くという行為なども皮膚を傷めます
ので、
同じように炎症を起して黒ずみを発生させる原因でもあります。

特にカミソリなどでのムダ毛の自己処理の前に、
しっかりとしたプレケアや剃毛後のアフターケアが行われていないと、
肌に掛かる負担が多いために黒ずみが起こりやすい
といわれています。

一度のムダ毛の自己処理ではさほど炎症は目立ちませんが、
これが繰り返されることで炎症部分が色素沈着を起こし、
黒ずみとして目に見えるトラブルとして現れてきます。

このような安易なムダ毛の自己処理が黒ずみの原因
といえるのではないでしょうか。




■ 黒ずみの解決方法と予防法


ムダ毛の自己処理によって起る黒ずみを予防するには、
まず処理前のプレケアをしっかりと行う必要があります。

脱毛を行う場所をしっかりと温め、
処理をしようとしているムダ毛を柔らかくしておきます。
プレローションやプレクリームを使うことも大切です。

脱毛処理後には、しっかりとした保湿を行います。

しかし、カミソリなどによるムダ毛の自己処理では、
絶対にプレケアやアフターケアをしても黒ずみが起らない。
ということは考え難いといわれています。

できるだけムダ毛の脱毛を行うときには、
エステサロンや美容クリニック、また脱毛専門のサロン
などを利用するようにするのが一番お肌の負担がない方法
です。

しかし、時間もなかなか取れないというのであれば、
家庭用の脱毛器などを購入して処理をするのが良いと思います。

また抑毛ローションなどを利用して、
剃ったり抜いたりする脱毛を控えることも黒ずみ対策になります


基本的に出来てしまった黒ずみを簡単に治す方法はありません。
お肌の美白ケアと同じように、
保湿と美白を地道に行う方法が効果的
になります。

どうしても早く黒ずみを解決したい時には、
やはり美容クリニックや皮膚の専門医を受診するのが良い
と思います。