脱毛の基礎知識について紹介します。ムダ毛が濃い・濃くなる理由や毛深い(毛深くなる)原因をはじめ、ワキや腕・お腹や足などの毛の処理方法について説明します。埋没毛(埋もれ毛)や毛膿炎(もうのうえん)等の肌トラブルの解決方法もあります。

毛を剃ると濃くなるって本当?

2014年12月 4日 Posted in 毛深くなる原因

■毛を剃ると濃くなるの?

むだ毛処理を知るぎると毛が濃くなる。


このような話を聞いたことがある人は
多いと思います。


でも、実際に毛自体が濃くなるということは
ない
んですって。


でも、毛自体は濃くならないけど、
濃くなったように感じるということは
とても多くの人が経験をしています。


この理由はいくつかあるんです。


1つは毛の断面積が大きくなるためです。


通常、毛は先が細くなっています。
でも、毛を剃るとこの毛先をカットしてしまい
断面は毛先に比べて面積が広がります。


さらに、毛を斜めにカットしてしまったりすると
この断面積はさらに大きくなりますよね。


これによって目に映る毛の断面積が広がるために
毛をすると毛が濃くなるように感じるんです。


もう一つが毛穴が色素沈着によって
黒っぽくなってしまう
ことで
毛が濃くなったように見えるというものです。


毛を剃ると少なからず皮膚が炎症を起こします。
この炎症が繰り返されてしまうと、
お肌には防御機能が働きます。


この防御機能というのは、
メラニン色素を集めて肌を守ろうとする動きです。
メラニン色素が集まればそこは黒っぽくなります。


この防御機能が何度も働くと
メラニン色素は定着して色素沈着の状態になります。


毛穴が黒っぽい状態が定着すれば、
当然ですが全体的に黒っぽくなり
なんとなく毛が濃くなったように感じるんです。




■この毛が濃くなるように感じるのを避けるには?

このように毛の断面積によってや
色素沈着によって毛が濃く見えてしまうのを避けるには
どうしたらいいのでしょうか。


やはりこの問題を避けるには毛を剃って処理をしない
ということが一番早い解決
になります。


もともと毛を剃って処理をするのは
お肌が色素沈着を起こすほど刺激が強く
お肌にとっては良くない行為なんです。


だからといって毛を抜いてしまうのは
毛穴周りの炎症が毛を剃るときよりも激しく起こります


埋没毛や毛嚢炎といった症状も出てきてしまいます。


抑毛などを使って処理をすることはおススメですが、
効果が出てくるまで時間がかかり、
それまでの間どうしたらいいのか困りますよね。


一番おすすめなのはムダ毛をクリニックや
脱毛サロンで脱毛処理をすること
になります。


処理前には剃毛を自分で行わなければなりませんが、
この時にはカミソリではなく電動シェーバーを利用して
お肌には刺激を与えないようにしながら処理をします。


クリニックや脱毛サロンで処理を完了させてしまえば
そのあとは自己処理をする必要がなくなり
お肌の色素沈着や毛の断面積で濃くなることもありません。


自己処理を続けるよりも手軽で安全、
そしてキレイに仕上げることが出来ます
ので
検討してみてくださいね。




毛深くなる原因(理由)

2012年10月29日 Posted in 毛深くなる原因


毛深くなる原因には、以下のようなものがあります


 ・ 不規則な食生活をしている

 ・ 塩分を取りすぎている

 ・ 肉食(お肉をよく食べる)

 ・ ストレスがある

 ・ タバコを吸っている

 ・ 急激なダイエットをした

 ・ ホルモンバランスが崩れた


などなど・・・

毛深くなる理由はたくさんあるのです。


食生活やタバコ、ストレスなど
生活習慣によるものが主な原因といわれています。

これらによって、
結果的に毛が生えやすい・増えやすい状況になっています。


では、毛を薄くするために


「肉食・塩分の取り過ぎに気をつける」

「ストレスのない生活をする」

「タバコをやめる」



こうするのが良いとは分かっても、

なかなかすぐに生活習慣は変えられないですよね


もし、がんばってこれらのことを実践したとしても、
即効性があるわけではないので、いきなり毛は薄くならない
のです。




では、どうすればいいか?


毛深いのを解決したいなら 「脱毛サロン」や「抑毛ジェル」を使うといいでしょう。


これらを利用すれば、
早い段階で毛が薄く・少なくなったり、生えてこなくなります


毛深い状態やムダ毛の処理に悩まされることはなくなるでしょう。


安いお試しもあるので、一度ためしてみるといいですね。


 → 人気の脱毛サロンはこちら


 → 毛深いムダ毛を薄くできる! 抑毛ジェルはこちら






毛深いのはホルモンの影響?

2012年9月22日 Posted in 毛深くなる原因

■毛深いのはホルモンの影響?


女性らしい外見や男性らしい外見ってありますよね。
男性に比べると女性の方がやはり体毛が薄く、逆に髪は多く濃い、
という印象はあると思います。


この外見上の性差や性格などの性差に対して影響があるのが、
性ホルモンになります。


女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロン
男性ホルモンのテストステロンやアンドロゲン


なんていう性ホルモンの名前は聞いたことがあると思います。


このような性ホルモンは、女性であっても男性ホルモンがあり、
男性であっても女性ホルモンはあります。


女性には男性に比べて十分の一の男性ホルモンがあるといわれています。
しかし、このバランスが崩れると、女性でも男性のように毛深くなってくる
と言われています。


よく、女性が更年期を境に毛深くなるという話を聞いたことがある人も
いると思います。
実はこれもホルモンが影響しているといわれています。


更年期を過ぎてくると女性ホルモンが減少しますが、それに対して
男性ホルモンの量は変化があまりない
のです。


すると、どうしても女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れた状態
になり、どちらかというと男性ホルモンが優位になり、毛深くなると
いわれています。


このようなことから、毛深いのはホルモンの影響ということも言える
思います。



■ホルモンによって毛深くなくなる?


ホルモンによって毛深くなるのかどうか、
これは体毛の箇所によっても実は変ってくるものだといわれています。


もともと生まれたときから人は体毛が生えた状態で生まれてきますよね。
人の赤ちゃんは一見ムダ毛もないつるつるすべすべの肌に見えますが、
実はうぶ毛が沢山生えています。


毛穴の数というのは大人も赤ちゃんも同じ数だけあるので、赤ちゃんの
体毛というのは大人に比べると密集しています。


ただ、赤ちゃんのうぶ毛はかなり細く、また色素も薄くて目立たない
ことが多く、一見体毛がないように見えます。


このように、生まれたときからある体毛は無性毛といい、男性・女性を
問わず生えているもので、性ホルモンの影響はないといわれています。


しかし、思春期を超え急に生えてくる体毛があります。女性であれば
わき毛や陰毛、男性であればヒゲや胸毛、スネ毛などもありますよね。
これらの体毛を性毛といいます。


ホルモンの影響を受け、ホルモンによって毛深くなるのはこの性毛
の部類
になってきます。


ホルモンの影響によって異常に毛深くなるのを多毛症といいます。
これはただ毛深いだけではない、疾病が隠れていることがあるので、
一度婦人科で診察を受けたほうがいい疾患の一つでもあります。






毛深くなる理由とは?

2012年9月20日 Posted in 毛深くなる原因

■毛深くなる理由とは?


女性にとってムダ毛というのはやっぱり厄介な存在ですよね。
処理しても処理してもなくならないムダ毛。
それがだんだんと毛深くなってきた。なんていうと困りますよね。


どうして処理しても毛深くなるのでしょうか。


女性が毛深くなる理由の一つに男性ホルモンの分泌過多というものが
あります。


女性にも男性ホルモンは普通でも分泌はされているのですが、
この分泌量が過剰になるとムダ毛が毛深くなるといわれています。


毛とホルモンの関係は不思議な物で、女性ホルモンが優位だと髪は濃く
なり、ムダ毛は薄くなるけど、男性ホルモンが優位だと髪は薄くなり、
ムダ毛は濃く毛深くなるといわれています。


このようなホルモンバランスの崩れによって毛深くなる場合は、
ホルモンバランスを正常に整えてあげることで解消されることがあります。


しかし、中には多毛症といってホルモンバランスだけが原因ではない
疾患である場合もあります


女性なのに不自然に毛深いという場合は、多毛症を疑ってみる
というのもいいのかもしれません。


ただ、毛深いのが男性ホルモンのせいで、男性ホルモンは悪いものだ。
という考え方はいけません。


女性でも男性ホルモンは必要な物なので、むやみに悪者扱いをする
のだけはやめましょう。




■毛を薄くするにはどうすればいい?


ムダ毛を薄くするのにはどのようにすればいいのか、気になるところですよね。


剃ったり抜いたりというのは、肌をかなり痛めますので、自己処理で行う
のは大変危険な行為といえます。


脱毛に通うというのは一つの手段ですが、お金がかかるし、そこまで
して処理をするつもりはない。という人もいると思います。


手軽に毛を薄くするには、市販の抑毛ローションなどを使うといいですよね。


大人から子どもまで、男性女性にかかわらず使うことができると
評判がある抑毛ローションに豆乳ローションやパイナップル豆乳ローション
などがあります


豆乳ローションには大豆イソフラボンが含まれており、この大豆イソフラボン
が女性ホルモンと良く似た働きをするために抑毛効果があるといわれて
います。


パイナップルにはたんぱく質を分解する酵素が含まれているので、
ムダ毛のたんぱく質成分を分解するため抑毛効果があるといわれ、
豆乳ローションンにプラスされているようです。


ただ、豆乳ローションなどはあくまでも大豆製品になるので、
大豆アレルギーを持っている人は使わない方がいいですね。


また、女性ホルモンの働きに良く似た大豆イソフラボンは、過剰に摂取
すると悪い影響があるといわれています
ので、その点も注意が必要です。






薄い毛がこれで濃くなる?

2012年5月21日 Posted in 毛深くなる原因

■タバコ(喫煙)は毛深くなりやすい?

みなさんはタバコを吸いますか?


昔は、お父さんと言えばタバコ・・・というイメージがありましたが、

現代は、健康のために、禁煙している人もたくさんいますよね。

そもそも、タバコを吸う場所自体が減ってきているので、

愛煙家にとってはかなり居心地が悪い世の中になってしまっています。


実際に、喫煙率は減少傾向にあります。

吸う場所がない、健康のため・・・という以外にも、

タバコの値上げをきっかけに禁煙を始めた人も多いとのことです。


とはいえ、なかなか禁煙ができない人もたくさんいるのが現実ですよね。

それは、男性に限らず、女性にも言えることです。


タバコを吸う人のほうが、吸わない人よりもお肌の老化が早くなったり、

ガンなどのリスクが高くなったりするので、

どう考えても人体にとって良いものではありません。

また、タバコは、女性ホルモンの分泌を減少させてしまいます


卵巣の中にある女性ホルモン(エストロゲン)が作られるためには、

酵素が必要となります。


タバコには、酵素の動きを低下させる成分が多く含まれているため、

女性ホルモンが出来にくくなってしまうのです。


ホルモンの異常は、体毛が濃くなる可能性も高いです。


その理由は、女性ホルモンが減少すると、

おのずと男性ホルモンの分泌量が増えるからです。


男性ホルモンは、体毛が増えたり、濃くなったりする作用を持っているので、

もしかすると、あなたのムダ毛の濃さの原因は、

喫煙が関係している可能性もあるというわけなのです。



■急激なダイエットは毛深くなりやすい?


女性にとって、ダイエットは永遠のテーマでもあります。

特に、暖かい時期になると、お肌の露出が増え、

体のラインが嫌でも目立ってくるので、

ダイエットをしなきゃ・・・と頑張る女性も多くいます。


ダイエットでまず最初に思いつくのは食事。

食べる量を減らしていけば、おのずと体重も減ると考えがちで、

とにかく食べないように・・・と、空腹を我慢したりしていませんか。


もちろん、高カロリーなものばかりを食べるよりは、

体重は減りますが、食生活が偏ってしまいがちになるので、

美容にも健康にもあまり良くありません。


また過度なダイエットによる、食生活の乱れは、

体脂肪コレステロールを減少させ、

女性ホルモンの分泌まで減少してしまう恐れがあるので、

結果的に男性ホルモンの分泌過多となり、

体毛を濃くしてしまう原因にもなってしまいます


せっかく痩せても、体毛が濃くなってしまっては、

お肌をさらけ出せないですよね。


やはり、キレイに痩せたいのであれば、

ホルモンバランスを崩さないように心掛けるのが大事なので、

過度なダイエットは厳禁です。


体毛を濃くしてしまう原因である、

男性ホルモンの分泌を抑制する方法の一つとして、

大豆製品を摂取するのが良いと言われています。


大豆製品の「大豆イソフラボン」という成分は、

女性ホルモンと良く似た作用があるので、

男性ホルモンの抑制に繋がる可能性が高いのです。


また、低カロリーな食材で、ダイエットに最適の食材の一つでもあるので、

ダイエット中、またはこれからダイエットを考えている人は、

積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。






濃い毛になる理由についての噂

2012年5月17日 Posted in 毛深くなる原因


■不規則な食生活だと毛深くなりやすい


いろいろ体毛が濃くなるという噂があるようなのですが、
その中でもどうしてそれが毛深くなることと関係があるのか?
と疑問に思うことがありますよね。


中でも、不規則な食生活をしていると毛深くなる。
という噂があります。


食生活と毛深さの関係というのは本当にあるのでしょうか?


実は、不規則な食生活や偏った栄養など、バランスの悪い食事は、
脳の視床下部という部分の働きに影響を及ぼす
といわれています。


この視床下部というのは、ホルモンの分泌をコントロールしています。
また自律神経の働きもコントロールしている部分になります。


自律神経が乱れることでホルモンバランスはさらに崩れ、
ホルモンバランスが崩れることでさらに自律神経が乱れます。


つまり、不規則な食生活を続けることで、
女性であれば女性ホルモンが多く分泌されるはずなのに、
男性ホルモンが多く分泌されることになります。


男性ホルモンが多く分泌されると、
より男性らしさが強調されることになります。


つまり、より毛深くなってくということになります。


一見関係なさそうな食生活と体毛の関係も、
食生活とホルモンバランスという目で見てみると、
確かに関連性がある。ということが分かりやすいですよね。




■暖かい地域に住むと毛深くなりやすい?

噂のひとつとして、暖かい地域に住んでいると毛深くなる。
というものがあります。
これも真偽の程はどうなのでしょうか。


確かに北方の寒い地域に住んでいる人に比べると、
なんとなく南国に住んでいる人の方が体毛が濃い、
というイメージもありますよね。


だけど、寒い北方の人の方が身体を温めなければならない分、
毛深くなりやすく、逆に暖かい南国に住んでいる人は、
体毛で保護をする必要がないのではないか。と思いませんか?


実は、体毛には保温の他にも摩擦から身体を守る
という役割もあるといわれています。


暑い夏、体毛が薄い太ももの内側など、
汗でべたついてさらになんとなく擦れて股ズレしてしまうことがあります。
これは体毛が薄いため、皮膚を守る物がないからとも言われています。


つまり、暖かいと汗をかき、その汗で皮膚がべとついたり、
汗による摩擦によって皮膚が傷つかないように体毛が守っているから、
毛深くなる
という話もあります。


また、暖かい地域に住んでいる人は、北方の寒い地域に住んでいる人に比べて、
毛が硬いから目立ちやすいという話もあります。


動物の冬毛は空気を溜め込むために細く柔らかいという特徴があり、
反対に夏毛は通気性をよくするために硬く短いというのと同じように、
暖かい地域の人の体毛の方が硬く短いため濃く見えるからだと言われています。






男性ホルモンの増加と毛深さの関係

2012年5月17日 Posted in 毛深くなる原因

■男性ホルモンの増加と毛深さの関係

女性と男性だと男性の方が毛深い。
というイメージがあると思います。

実際に女性と男性を比べると男性の方が体毛は濃いですよね?
それはなぜなのか、ということをご存知でしょうか。


男性が男性らしい所以である男性ホルモンの量が、
女性に比べて格段に多いからと言われています。
逆に女性は女性ホルモンが多く分泌されています


男性ホルモンはアンドロゲンといいますが、その中に
テストステロンという物質
があります。

このテストステロンが実は毛深さや筋肉のつき方、骨格など、
男性的な特徴を発達、そして促進させる
といわれています。

つまり、このテストステロンという物質が多くなることで、
毛深くなる
といわれています。


男性のテストステロンは通常95%ほどが男性性器である精巣で、
残り5%が副腎で作られるといわれています。


当然男性性器を持たない女性では精巣で作られることはないのですが、
副腎で作られ分泌されています。
その量は男性に比べて20分の1程度が分泌されているといわれています。


しかしこの副腎で作られる男性ホルモンの量が増えれば増えるほど、
女性もまた男性らしさを形成するテストステロンの量が増えます。


テストステロンの量が増えることで男性的な特徴が現れやすくなり、
同時に体毛も毛深くなると言われています。



→ 「コスパ良すぎ」の脱毛サロンランキング



■男性ホルモンを抑えるには?


毛深さの原因ともなる男性ホルモンですが、
できれば男性ホルモンの分泌を抑制して毛深さを解消したい。
と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。


では、どのようなときに男性ホルモンが分泌されやすくなるのか、
それを抑制することができれば、男性ホルモンの分泌も抑制できる、
と考えられますよね。


男性ホルモンが増える原因の一つにストレスがあるそうです。


女性の最大のストレスというと、生理不順や月経異常など、
生理周期に関することがありますよね。


また仕事などによる過剰なストレスも気をつけたいですよね。


男性ホルモンの分泌を抑制する手段として、
女性ホルモンを分泌させる
という方法もあります。


女性ホルモンを増やすには、骨格矯正を行う方法などもありますが、
やはり一番手っ取り早いのは大豆イソフラボンなどを多く摂取する、
といった食事の改善などが良いと思います。


お豆腐や納豆、みそなどの大豆製品は大豆イソフラボンを多く含みます。

また、ごまや小麦なども女性ホルモンに似たレソルシル酸ラクトン類という、
成分を多く含んでいます。


またちょっと意外ですが、豚肉やレバー、
牡蠣(カキ)やウナギなどは男性ホルモンの働きを抑制する。
と言われている食べ物でもあります。



毛が濃くなる原因についての噂

2012年5月11日 Posted in 毛深くなる原因

■塩分の取りすぎは毛深くなりやすい?


女性も男性も毛深いという点で悩むことがありますよね。
毛深いか毛深くないかというのは、体質によることも大きいのですが
塩分の過剰摂取により、毛が濃くなる場合もあるんです。

塩分の取りすぎというのは健康面でも良くないですよね。

毛深くなる原因として、メラニン色素が増加することも挙げられるのですが
塩分にはそのメラニンが肌についてしまう働きがあるので
それが結果的に毛深くなってしまいます。


最近はファーストフードなども増え、ついついそれらに頼ってしまう生活を
続けてしまっている人もいるかと思います。

先に述べたように、塩分の取りすぎは毛深くなる原因にもなるので
食生活には気を遣っていきたいですね。


それでは、塩分を減らすために出来ることは何でしょうか。

塩分は汗をかくことにより体外へ出ていくので
お風呂や軽い運動、ストレッチなどが効果的です。

ちなみにこのようなことを意識したことにより
実際にも毛が濃かった部分が少し改善された人もいるんです。


女性ホルモンの低下により毛深くなることも多いので
女性ホルモンと似たような性質を持つ大豆製品を食べるのも
効果的
といえます。


もし、毛深くて悩んでいる人がいたら、ここに書いたことを
ぜひ実行してみてくださいね。

小さなことの積み重ねが後に大きな効果となって現れることもあります。


■ストレスは毛深くなりやすい?


遺伝ではなく、毛深くなる方法というのは複数あります。
たとえばストレスを溜めてしまった場合や、ホルモンバランスの乱れから来る
ということもあるんです。

このストレスは私たちにとってはとても縁の深いものですよね。
ストレスのない生活を送るのって結構難しいものです。

ストレスが溜まりすぎてしまうと、ホルモンバランスの乱れに繋がります。
男性ホルモンが作られるきっかけにすぎないんです。


一般的に男性ホルモンが多いと毛の量が増えると言われています。
女性の体にも男性ホルモンがあるのですが
この男性ホルモンが増えることが毛深くなる原因の1つになるんです。

毛深いと言っても、その程度は様々ですよね。
人によって深刻に悩む人もいると思うのですが
あまり深刻に悩みすぎると、それがストレスになって男性ホルモンの増加につながり
とても悪循環なんです。


ストレスを無くすというのは難しいことですが
ストレス発散をするのは可能ですよね。
時にはリフレッシュすることも大事です。


また、女性はダイエットに関心が高いので
無理なダイエットをしてしまいがちですよね。
これによるストレスも多大なものであることが多いです。

体にも負担がかかってしまうので、もしダイエットをするなら
決して無理をしないようにしましょう。






毛深くなる原因・理由のうわさは本当?

2012年5月11日 Posted in 毛深くなる原因

■思春期は毛深くなりやすい?


体毛が濃くなるのは、男性ホルモンが影響されていますが、
特に、若い女性、思春期の女性が毛深くなると、とても気にし、
悩むことも多いですよね。

では、なぜ、思春期に、毛深くなりやすいのでしょうか?
また、毛深くなる、原因とはどのようなことなのでしょうか。

女性には生涯に二度、ホルモンのバランスを崩しやすい時期があります。
それは、思春期と更年期です。

特に、思春期では、女の子の体から女性の体へと変化する時期で、
女性らしい、丸みのある体を作る時期でもあります。

この時期は特に、女性ホルモンも、男性ホルモンも、
大きく動く
時期となります。
女性の場合、男性ホルモンの分泌が多くなることもありますので、
毛深くなることもある
のです。

このことは男性にも言え、男性の場合には、陰部や脇の毛だけではなく、
足や腕の毛が剛毛へと、変化する時期であると言えます。

ホルモンのバランスはストレスにより、乱れることもありますので、
深く考え、悩むことにより、更に体毛が濃くなることも考えられます。

しかし思春期のこのようなホルモンのバランスの乱れは長くは続きません。

成長して、ホルモンのバランスが安定すれば気になっていた
体毛も薄くなると言えるでしょう。
ですので、思春期の場合はあまり気に病むことなく、
過ごした方が良いでしょう。


■肉食だと毛深くなりやすい?


人が毛深くなる原因はいくつかありますが、遺伝的要素や、
男性ホルモンが影響していることが分かりました。

では、食事の好みでも、毛深くなるということが、あるのでしょうか?

一般的に言われているのは、肉食や塩分の取り過ぎは、
毛深くなる
ということです。

では、なぜ、肉や塩分が、毛深くなる要因をつくるのでしょうか。

それは、肉を多く取りすぎると、体の中で「過酸化脂質」等という毒素が
作られる
ようになります。
それらの毒素を、体は、体の外へ排出しようとします。
その時、体は皮膚や体毛からこの毒素を出すようになるのです。
体毛はこれらの毒素を、体の外へ出そうとするとき、毛穴が、より、
大きくなったり、濃くなったりする
のです。

塩分も同様です。
塩分を多くとりすぎると、体の外へ、毒素を排出しようとし、
肉を多くとりすぎた時と同じように、毛穴が大きくなったり、
毛が濃くなったりします。

肉食が中心の、アメリカやヨーロッパの女性は、
顔に髭が生えてしまい、剃っている女性がいるようです。

女性の方で、最近、髭が濃くなってきた、と思ったら、
一度、食生活の見直しをしてみたら、いかがでしょうか。

肉類や塩分の取り過ぎは、高血圧など様々な生活習慣病を
招く恐れがりますので、いづれにせよ取りすぎない方が
良いと言えそうですね。






毛深い原因についてのうわさ

2012年5月 9日 Posted in 毛深くなる原因

■冷え性は毛深くなりやすい?


女性にとってムダ毛というのはなくてもいいもの。
と思っている方はおおいのではないでしょうか?


どうせ処理してしまうムダ毛なのに、どうして生えているのかしら?
と疑問に思うことはありませんか。


もともとムダ毛といわれている体毛は、動物の体毛と同じく、
身体の外からの刺激から身体を守るためにあるものです。
とくに寒さから身体を守ってくれます。


特に、寒さにさらされる部分やデリケートな部分は体毛が濃いのです。


そして冷え性の人の場合、身体を暖めようとする防衛反応で、
冷える部分の体毛が濃くなることがあります。


また、直接冷え性とは関係がありませんが、
冷えやすい食べ物を多く食べている人もまた毛深くなりやすい。
といわれています。


冷え性の人と同じように、冷えやすい食べ物を多く食べるため、
身体が冷えてしまうことを防衛するために体毛が濃くなるようです。


米食を好む日本人に比べて、肉食を好む欧米人の体毛が濃い、
というのは、身体を暖める効果がある米食に比べて、
身体を冷やす効果がある肉食を好むからだそうです。


このように、冷え性や身体を冷やしやすい食べ物を好む人が、
毛深くなりやすい、といううわさは、あながち「ウソ」ではない。
といえると思います。



■更年期を過ぎた女性は毛深くなりやすい?


女性に比べるとやはり男性の方が、体毛が濃いと思いませんか?
女性と男性、性差による体毛の濃さは、
ホルモン量の違いが関係しているといわれています。


女性は女性ホルモンと呼ばれている、
エストロゲンが多く分泌されます。


男性は男性ホルモンと呼ばれている、
アンドロゲンが多く分泌されています。


これによって女性らしさや男性らしさが
コントロールされています。


しかし、年齢が上がって更年期を迎えた頃から、
このホルモンバランスが崩れやすくなる
といわれています。


つまり女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少し、
男性ホルモンのアンドロゲンが多く分泌されるようになって、
体毛が毛深くなりやすくなる傾向が見られます。


妊娠中や生理前後にホルモンバランスが崩れて、
なんとなく毛深くなったと感じるという女性もいますよね?


更年期を過ぎた女性はその状態が続いている、
と考えると分かりやすいのではないでしょうか?


この時期はお肌なども過敏になっていることが多いので、
できれば脱毛はしないほうがいいのですが、
どうしても気になるというのが女性ですよね?


お肌が過敏な時期には、できればエステサロン美容クリニック
また脱毛専門のサロンなどでカウンセリングを受けて、
脱毛を行うほうが安全です。






ホルモンバランスの崩れと毛深さの関係

2012年5月 9日 Posted in 毛深くなる原因

■ホルモンバランスの崩れと毛深さの関係


「私は毛深い・・・」と悩んでいる人、結構多いと思います。
男性なら、それが象徴だと思い、あまり気にされない人もいらっしゃいますが、
女性にとっては、かなり重大な悩みの一つですよね。


毛深さの原因として、一番に挙げられるものと言えば、やはり、遺伝的なものです。
自分のお母さんやお父さん、またはおじいちゃん、おばあちゃん・・・・
その中で毛深い方がいれば、恐らくその毛深さを受け継いでしまっているのでしょう。


しかしながら、遺伝的なものでもない場合は、他の原因も考えられます。
例えば、毛深さはホルモンバランスも関係しているのをご存知でしょうか。


ホルモンバランスが崩れてしまうと、女性ホルモンよりも、
男性ホルモンの分泌が促進されてしまい、
それが原因で、毛深くなってしまう可能性があるんです。


女性が、男性ホルモンの影響を受けてしまう要因は様々ではありますが、
一般的によく言われるのが、ストレスが原因だと言われています。


特に女性は、生理や妊娠など、ホルモンバランスが崩れやすくなることが多いですよね。


また、社会人になると、仕事や付き合いで毎日忙しかったり、
睡眠時間が不規則になりがちだったりで、ホルモンバランスが乱れやすくなります。


ホルモン分泌は、ストレスを感じるほどに激しさを増します。
それが過剰になると、多毛症などの症状を引き起こしてしまうのです。


ホルモンバランスを乱さないためにも、出来る限り、
ストレスを溜めないような生活習慣をこころがけることが大事ですが、
現代社会でそのような生活をするのは、なかなか難しいことでもあります。



■ホルモンバランスの調整の仕方


ホルモンバランスを調整するには、規則正しい生活習慣も大事なことではありますが、
やはり食生活の改善にも心掛けないといけません。


ホルモンバランスが改善されたら、すぐに毛深さも改善される訳ではありませんが、
ホルモンバランスを整えることができれば、毛深さの改善だけではなく、
女性の健康の改善にもつながります。


では、どのような食べ物が良いのかというと、それは、「大豆製品」です。


大豆製品には、「大豆イソフラボン」という、
女性ホルモンとよく似た成分が多く含まれているので、
ぜひとも毎日の食生活に摂り入れてほしい食材です。


この「大豆イソフラボン」には、ムダ毛の成長を抑えるだけでなく、
ムダ毛を抜けやすくしたり、また、生えにくくするという効果も期待できるんです。


その他、ホルモンバランスを整える栄養素としては、
マグネシウムや亜鉛、クロム ビタミンB6、ビタミンE等も挙げられます。


上記に関しては、毛深さの改善にも関係する栄養素ですので、
是非、こちらも大豆イソフラボンと合わせて摂り入れてみてください。


上記の栄養素をサプリメントなどで補うのも良いですが、
過剰な摂取は、逆に体調を壊してしまう可能性があるので、
そのあたりは注意が必要です。
用法、容量をしっかり守って摂取してくださいね。